Menu
(0)

Search

『ザ・バットマン』はバットマン映画史上最も感情に訴える作品に ─「原点に立ち返り、核心を揺さぶる」

『THE BATMAN-ザ・バットマンー』
© 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ロバート・パティンソン主演、DCコミックスによる『THE BATMAN-ザ・バットマン』(2022年春公開)は、かつてないほどエモーショナルなバットマン映画になるようだ。

映画『ザ・バットマン』は、ブルース・ウェイン/バットマンの若き日を描く探偵物語。CinemaConにてマット・リーヴス監督は本作について、以下のように説明している

「オリジン・ストーリーはこれまでにたくさん観てきたと思います。ただ、どんどんファンタジーになっているようにも感じていて。そこで、『バットマン:イヤーワン』でやられていたように、バットマンの若き日の姿を描くことにより、オリジン・ストーリーではない形で、バットマンの原点に立ち返り、彼の核心を揺さぶるような作品を作れると考えたのです。」

『バットマン:イヤーワン』とは、DCコミックスから刊行された作品で、ブルースがバットマンとして活動を開始した一年目を描く物語。もっともリーヴス監督は、『バットマン:イヤーワン』の物語を直接描くと話しているわけではない。それというのも以前監督は、バットマンとしての二年目を描くとも伝えていたからだ

いずれにせよ、バットマンの若き日を描くことになる本作について、リーヴス監督は「とても現実的でありながら、バットマン映画の中で最も感情に訴えかける作品になるでしょう」と自信を滲ませている。以前、『ザ・バットマン』でのブルースは、欠陥のある人間であり、失敗を重ねながら成長していくと説明されていた。エモーショナルなストーリーが一体どんな内容になるのかは定かでないが、ブルースは幼い頃に目の前で両親を殺された過去と向き合いながら前に進むことになりそうだ。

キャストにはロバート・パティンソンのほか、コリン・ファレルペンギン役、ポール・ダノがリドラー役、ゾーイ・クラヴィッツがキャットウーマン役、シリーズのジョン・タトゥーロがカーマイン・ファルコン役、アンディ・サーキスアルフレッド役、ジェフリー・ライトがジェームズ・ゴードン役として名を連ねている。

映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』は 2022年春劇場公開。

あわせて読みたい

Source: Screen Rant

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly