Menu
(0)

Search

『ザ・バットマン』上映時間が判明 ─ 2時間55分で史上最長の『バットマン』映画に

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』
© 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

2022年のDC映画第1弾となる『THE BATMAN-ザ・バットマン-』の上映時間が2時間55分であることが明らかとなった。米Deadlineなどの複数メディアが報じている。

2022年1月中旬にアメリカ映画協会よりPG-13指定を受けた本作は、8分間のクレジットを差し引くと本編の尺は2時間47分となり、史上最長の『バットマン』映画に。この記録に迫るフランチャイズ作品は、クリストファー・ノーラン監督による『ダークナイト ライジング』(2012)が2時間44分、『ダークナイト』(2008)が2時間32分、『バットマン ビギンズ』(2005)が2時間20分。ザック・スナイダーが監督を務めた『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』が2時間31分となっている。

また、『ザ・バットマン』はスーパーヒーロー映画としても長尺の1作だ。最も長いのは『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)の3時間1分。劇場公開はされていないが比較として挙げると、スナイダー監督による『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』が4時間2分となっている。

『ザ・バットマン』は、ヴィジランテとして暗躍を始めて2年目の若かりしバットマン/ブルース・ウェインが、最凶の知能犯リドラーに翻弄されながらも、自身の家族に関わるゴッサムシティの腐敗を暴いていく様が描かれる。バットマン役でロバート・パティンソンが主演し、リドラー役でポール・ダノ、キャットウーマン役でゾーイ・クラヴィッツ、ペンギン役でコリン・ファレル、アルフレッド・ペニーワース役でアンディ・サーキス、ジェームズ・ゴードン役でジェフリー・ライトが出演する。

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』は、2022年3月11日に日本公開。

Source:Deadline

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly