Menu
(0)

Search

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』あるキャラクターの登場を巡り、2つのバージョンが存在か

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』
© 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ロバート・パティンソン主演、DC映画最新作『THE BATMAN-ザ・バットマン-』について、米The Hollywood Reporterが気になる情報を入手している。本編に2つの異なるバージョンが存在しているというのだ

ブルース・ウェイン/バットマンの知られざる若き頃にスポットライトが当てられる『THE BATMAN-ザ・バットマン-』は、2022年3月4日に米公開を迎える。日本では、その1週間後の11日に封切り予定だ。報道によれば、公開まで残り数ヶ月というこのタイミングで、製作の米ワーナー・ブラザースはとある決断の真っ只中にあったようだ。以下が、The Hollywood Reporterによるレポートである。

「複数の情報筋によれば、ワーナー・ブラザースは『THE BATMAN』の2つの異なるカットを考査してきたという。1つはある俳優を含めたもの。もう1つはその人物がいないものだ。そしてある情報筋によると、先週(11/29~)、最後のテスト試写が実施され、スタジオはどちらのバージョンにするかを決めたようだ。」

スタジオ内部が検討してきたのは、とあるキャラクターを登場させるか、させないかということのようだ。とはいえ、該当のキャラクターが判明していない以上、本編に及ぼす影響は未知数である。

The Hollywood Reporterはもう1つ、気になる情報を記している。本作への出演が決定しているバリー・コーガンの役柄についてだ。同誌はこのように伝えている。「バリー・コーガンがもしかしたらジョーカーを演じることになるかもしれないし、そうではないかもしれないといった、ちょっとした騒ぎがインターネット上で起こっている」。

バリー・コーガンの『THE BATMAN』出演は、2020年8月に判明。この時、コーガンが、原作コミックではジェームズ・ゴードン刑事の最初のパートナーとして登場するゴッサム市警察所属の刑事スタンリー・メルケルを演じるということも分かっており、順当に考えればコーガンがジョーカーを演じるとは考えにくい。ともあれ、まさか登場が検討されているキャラクターがジョーカーだったりして……?

映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』は、2022年3月11日(金)全国公開。

あわせて読みたい

Source: THR

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly