Menu
(0)

Search

「ザ・ボーイズ」シーズン3は「もっとダーク」に、血の量も倍増 ─ マザーズミルク役が予告

ザ・ボーイズ シーズン2
「ザ・ボーイズ」シーズン2 Amazon Prime Videoにて独占配信中

世界中で人気を博しているAmazon Studios製作のドラマ「ザ・ボーイズ」は、現在シーズン3の撮影が進行中。このたび、メインキャストであるマザーズミルク役のラズ・アロンソが、撮影現場からシーズン3について期待がグンと高まるような発言を繰り出した。いわく「よりダークになっていく」という。血の量も格段と増えるようで…。

ラズは、撮影地のトロントよりリモートで米Colliderのインタビューに登場。現在、シーズン3の撮影は「4分の1から半分」の進捗であることを明かしている。撮影に参加しての所感を伝えたラズは、シーズン3は「前2シーズンよりもストーリー重視」な仕上がりとのこと。これを踏まえた上で、ラズは以下のように続ける。

「(ショーランナーの)エリック・クリプキが毎シーズンで挑んでいるのは、作品をよりダークにしていくこと。ジェンセン・アクレスが加わったことによって、歴史的にダークなキャラクターを合流させるだけではなく、他のスープス(スーパーヒーロー)たちも同時にダークになっていきます。」

ラズが触れたジェンセン・アクレスは、新キャストとしてシーズン3に参加。ソルジャーボーイと呼ばれる原作コミックのキャラクターを演じる。原作コミックでは、ペイバックというヒーローチームに所属するソルジャーボーイ。メンバーとは相容れず、“セブン”への加入を懇願する。ホームランダーとの謎の関係性にも注目が集められているが、ドラマ版では作品に「ダークさ」をもたらす重要人物となるとのことだ。

また、「ザ・ボーイズ」で期待されているのは血の量。ここまでかというほどの血が容赦なく出てくる本作だが、ラズいわく、シーズン3の血の量は、前2シーズンを上回るという。ラズは「美術担当のトップと会った時のこと」を話し始めた。

「彼女は、数ある役目のなかで血を注文することもその1つなんですけど、僕は彼女と話しました。信じるか信じないかはあなた次第ですが、シーズン2で使われた血の総量は、1ガロン(1ガロン=3.785リットル)もいっていないと思うんです。でもシーズン3では、すでに今だけで3.5ガロン(約13.2リットル)も使ってます。これでどんな感じなのか察していただけると思います。

撮影が半分ほどの進捗時点で、シーズン3に使われている血の量がシーズン2の3.5倍ということになる。ザ・ボーイズたちはどれだけ血まみれになるのだろうか。シーズン2では、巨大クジラにジェットボートで突っ込んだボーイズたちがクジラ体内の血を丸被りしている姿も印象的だったが、シーズン3での血の使われ方にも注目したい。

脚本・ショーランナーを務めるのは、「スーパーナチュラル」生みの親で知られるエリック・クリプキ。シーズン3からは、「スーパーナチュラル」製作のジム・マイケルズ、製作・脚本のメレディス・グリン、脚本コーディネーターのデヴィッド・リードの3名が製作総指揮として作品に参加することが判明している。

Source: Collider

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly