Menu
(0)

Search

「ザ・ボーイズ」シーズン3、全話で「見たことないもの」登場 ─ ひたすら興奮伝えるショーランナー

ザ・ボーイズ シーズン2

新キャラクターのファーストルックや製作者の発言などで、期待が高まりに高まっているザ・ボーイズシーズン3より、その期待をさらに高める予告が到着した。ショーランナーのエリック・クリプキによれば、シーズン3では「全話で見たことのない何か」が登場するというのだ。

「ザ・ボーイズ」で描かれるのは、腐敗したスーパーヒーローチームと、復讐心のほかには何も持たない寄せ集めの集団ザ・ボーイズの間で繰り広げられる血なまぐさい戦い。正義の象徴として存在してきた“スーパーヒーロー”像を覆すような“エグい”ヒーローたちや、正義を訴える悪党たちのねじれ構造が、かえってリアリティを醸し出し、共感を生み出しながら世界中で絶大な人気を得ている。

きたるシーズン3をめぐってはさっそく、数々の衝撃展開が登場した前2シーズンを超える展開が期待されている。なかでも、原作コミックに登場する衝撃エピソード「ヒーローガズム(Herogasm)」がシーズン3で映像化されることが判明しており、編集段階の映像を確認したショーランナーのエリック・クリプキは「これまでのキャリアでも、群を抜いて一番クレイジー」と予告していた。しかし、クリプキが米Deadlineで説明したところによれば、シーズン3で待ち受けるクレイジーな展開は、ヒーローガズムだけに留まらないようだ。

「ちょうど昨日編集室でシーズン3の初回に関する作業をしていたんですけど、私たちがやってきたことのなかで一番クレイジーなものというだけじゃなくて、他の誰もがやってきたことの中でも一番狂ってるものだと思います。もしかしたら上手くいかないかもしれないけど、そうなるかはまだ誰も知りません。

でもとにかく、私たちがやろうとしているギャグには興奮してます。たぶん良い意味で、きっと誰もが見たこと無いようなものです。何から何までにワクワクしてます。全話で、恐らく視聴者が見たことのない何かを届けていきます。

知ってしまうとそのクレイジーさも半減してしまうからだろう、シーズン3に関する詳細は明かさずに、ひたすら自分の興奮だけを伝えるにとどめたクリプキ。いったい何がどのように“クレイジー”なものに仕上がるのかは全く予想がつかない。

その一方で既にヒントも出されている。マザーズミルク役のラズ・アロンソは、シーズン3で出る血の量がシーズン2の3倍以上になることを予告していた。例えば、ザ・ボーイズはシーズン2でディープのクジラに衝突して血まみれになっていたが、彼らがそれ以上に破天荒な行動に出てとんでもない血の量を浴びる、というような予測もできるだろう。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly