Menu
(0)

Search

「ザ・ボーイズ」スピンオフドラマは「堕落したマーベル」みたいに ─ 「下ネタジョークたっぷり」と製作者

ザ・ボーイズ シーズン2

腐敗したスーパーヒーローたちのクズっぷりを存分に映し出した人気ドラマ「ザ・ボーイズ」(2017-)と同じ世界で繰り広げられる新たなスピンオフドラマ(タイトル未定)は、「堕落したマーベル」のような作品になるという。製作者のエリック・クリプキが語っている。

スピンオフ作品では、“ヴォート社”が経営する大学を舞台に、最高の街で最高の契約を勝ち取るべく、肉体的、性的、倫理的な境界全てを試す、ホルモンと闘争心全開の若手ヒーローたちが描かれるという。あらすじからブッ飛んでいるのは明白だが、一方で全貌はいまだベールに包まれており、分かっていないことはたくさんある。そうした中、米The Hollywood Reporterの取材に応じたエリック・クリプキが、アメコミを代表するマーベルを例に挙げながら、きたる新作についてヒントを与えてくれている。

「今は猛烈なスピードで脚本を書いているところです。すっごく最高な出来になると思います。堕落したマーベルのような感じがワクワクしています。マーベルの企画って、スリラーだったりコメディだったり、すごく違ったものがありますよね。今作でもそういったものが感じられると思います。」

クリプキが指摘しているように、マーベル・シネマティック・ユニバースでは特に近年、ジャンル性が色濃く反映された作品が製作されている。2019年の映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』では一筋縄には理解できないタイムトラベル理論を用いたSF要素が詰め込まれ、2021年のドラマ「ワンダヴィジョン」ではマーベル・スタジオ初のシットコム形式が採用された。また、2022年公開予定の『ドクター・ストレンジ』続編はMCU初のホラー映画になることも予告されているのだ。

「ザ・ボーイズ」のスピンオフドラマでは、MCUにならう多ジャンル要素が見られるということだが、「ザ・ボーイズ」本来の“うま味”も忘れてはならない。クリプキは「こっちでは、下ネタジョークはたっぷりですけど」とも予告している。登場するのは暇な時間も多いであろう大学生ヒーローたちだ。“セブン”のヒーローたちとはまた違った良からぬことを企んでいるに違いない。

ちなみに、スピンオフに関するヒントはきたるシーズン3の劇中でも登場することが判明している。まずは、シーズン3の到着を待ちたいところだ。

あわせて読みたい

Source: THR

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly