Menu
(0)

Search

『ジョン・ウィック』前日譚ドラマにメル・ギブソン参戦 ─ 15年ぶりにドラマ復帰へ

メル・ギブソン Mel Gibson
Photo by Kim Davies https://www.flickr.com/photos/kjd/2208838434

キアヌ・リーブス主演『ジョン・ウィック』シリーズの前日譚ドラマ「ザ・コンチネンタル(原題:The Continental)」に、名優メル・ギブソンが出演することがわかった。米Deadlineが報じている。

「ザ・コンチネンタル」は、映画シリーズの40年前となる1975年のニューヨークを舞台に、コンチネンタル・ホテルの支配人ウィンストン・スコットの若き日を描くストーリー。若き暗殺者でありホテル経営者のウィンストンが、裏社会を生きる人々の“避難所”を作り上げていく様が映し出されていく。1話あたり90分、全3話構成のミニシリーズとして、米Starzで製作されている。

ギブソンが演じるのは、コーマック(Cormac)という名のキャラクター。これ以上の情報は明かされておらず、映画版ではイアン・マクシェーンが演じている主人公ウィンストン役も今のところ不明だ。

本シリーズには、映画版の製作陣が揃って続投する。監督のチャド・スタエルスキと第3作までの脚本を執筆したデレク・コルスタッド、製作のバジル・イワニク&デヴィッド・リーチが製作総指揮として参加している。

2021年7月には、全3話のうち2話分の監督として、『フロム・ヘル』(2001)『ザ・ウォーカー』(2010)のアルバート・ヒューズが就任したことが判明したが、今回の情報では製作陣のラインナップにヒューズの名は含まれていない。続報を待ちたいところだ。

今や名優として知られるギブソンは、キャリアの初期に複数のテレビドラマに出演したが、1980年代以降は映画界を活動の拠点としてきた。最後に出演したドラマは、2004年から2005年にかけて米国で放送されたシットコム「Complete Savages(原題)」。このたび15年ぶりにドラマ復帰を果たす。

なお、「ザ・コンチネンタル」と並行して映画シリーズの製作も進行している。最新作となる第4作は、2022年5月27日の米公開を目指して、2021年6月下旬より撮影がスタート。現在も進められていると思われる。イアン・マクシェーンが演じるウィンストンも再登場を果たす予定だ。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly