Menu
(0)

Search

『キングスマン』前日譚映画『THE KING’S MAN(原題)』2020年2月公開決定 ─ 史上初の諜報機関、戦争たくらむ極悪君主と対決

THE KING’S MAN(ザ・キングス・マン、原題)

タロン・エジャトン&コリン・ファース主演のスパイアクション映画、キングスマンシリーズの“起源”を描く前日譚映画『キングスマン:ザ・グレート・ゲーム(Kingsman: The Great Game)(仮題)』が、原題『THE KING’S MAN』として、米国と同じく2020年2月に日本公開されることがわかった。

かねてより本作は、ファンやメディアの間で『キングスマン:ザ・グレート・ゲーム』と称されてきたが、2019年6月初旬に、脚本・監督のマシュー・ヴォーンが「『ザ・グレート・ゲーム』とは呼ばれないでしょう」とコメント。あくまで内部用の仮タイトルであったことを明らかにしていた

『ザ・キングス・マン』の舞台は1918年になると伝えられており、本作にタロン演じるエグジー、コリン演じるハリーは登場しない。発表によれば、「歴史上最悪の君主たちと犯罪者たちが、数百万人もの命を奪う戦争を企んでいた。一人の男は、彼らを止めるために急がねばならない。『ザ・キングス・マン』は、史上初の諜報機関の始まりを描く」とのことだ。撮影は2019年2月よりイギリス、イタリアにて行われている。

本作には『ハリー・ポッター』ヴォルデモート役のレイフ・ファインズ、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(2014)マシュー・グッド、ドラマ「TRUST」(2018)ハリス・ディックソンが出演。海外メディアでは、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)ダニエル・ブリュール、『GODZILLA ゴジラ』(2014)アーロン・テイラー=ジョンソン、「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)チャールズ・ダンスの名前も伝えられている。

『キングスマン』シリーズの前日譚映画『THE KING’S MAN(原題)』は2020年2月公開(製作:20世紀フォックス映画/配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ)。

あわせて読みたい

Source: Collider

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly