Menu
(0)

Search

『ナイル殺人事件』に次ぐポアロ第3弾が進行中、「マイナーな小説を映像化」「大胆にシフト」とスタジオ社長

ナイル殺人事件
(c)2020 20th Century Studios. All rights reserved

『オリエント急行殺人事件』(2017)『ナイル殺人事件』(2022)に次ぐ名探偵エルキュール・ポアロの映画シリーズ第3弾が早くも進行していることがわかった。米20世紀スタジオ社長のスティーブ・アスベル氏が明かしている。

アガサ・クリスティ原作、ケネス・ブラナーがポアロを演じる映画シリーズは、『オリエント急行殺人事件』に始まり、2022年2月より第2弾『ナイル殺人事件』が公開された。20世紀スタジオはクリスティ屈指の名作ミステリーの映像化に取り組んできたわけだが、どうやら第3弾は違うアプローチになりそうだ。

The Hollywood Reporterの取材に応じたアスベル氏は、「私たちにはポアロのフランチャイズや他のクリスティ作品(の企画)もございます」と話しながら、最優先で取り組んでいる企画について言及。「私はケンが好きです」と主演・監督を務めるケネス・ブラナーを称賛し、詳細についてこう語った。

「すでにマイケル・グリーンが執筆した第3作の脚本があるんです。ジャンルやトーンにおいてすごく大胆にシフトされています。戦後のベネチアの話で、マイナーな小説の一つを映像化したものになります。

第3作の物語に関するヒントとしては、「戦後のベネチアの話」のみ。多数あるポアロ作品の中から1作を断定することは難しいが、アスベル氏の発言から察するに、ファンの想像の斜め上をいくチョイスがなされているのだろう。

なお、脚本を手掛けたマイケル・グリーンは『オリエント急行殺人事件』『ナイル殺人事件』からの続投となり、ケネス・ブラナーの監督続投についても、アスベル氏は「イエス」と明かしている。『ナイル殺人事件』ではポアロの前日譚にも焦点が当てられ、いち人間としてのエルキュール・ポアロにさらに迫った1作となったが、早くも次なるチャプターに期待が高まる。

Source: THR

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly