Menu
(0)

Search

『きかんしゃトーマス』ハリウッド実写+アニメ映画化、『プーと大人になった僕』監督が手掛ける

きかんしゃトーマス ハリウッド映画化
Photo by Dzp CC BY-SA 3.0

子供向け人気シリーズ『きかんしゃトーマス』が、『プーと大人になった僕』(2018)マーク・フォースター監督によって映画化されることがわかった。Varietyが報じている。

実写とアニメーションが融合したファミリー・アドベンチャーになるという。権利元マテル社のMattel Filmsが製作。フォースター監督と共に『プーと大人になった僕』を手掛けたプロデューサーのルネ・ウルフらも参画する。

脚本家はこれまでにインディー作品のいくつかをそれぞれ手掛けてきたアリッサ・ヒルとジェシー・ウィグトウが起用された。「トーマスは子供の頃から、個人的にも大好き」とフォースター監督は寄せている。監督の代表作には、ほかに『007 慰めの報酬』(2008)『ワールド・ウォーZ』(2013)などがある。

『きかんしゃトーマス(原題:Thomas & Friends)』は、1984年にイギリスで放送を開始して以来、世界中で愛されるシリーズ。日本では1990年にテレビ番組『ひらけ!ポンキッキ』内のコーナードラマとして放送された。トーマスほか、エドワードやヘンリー、ゴードン、ジェームス、パーシー、トビーといった愉快な仲間たちが登場する。

マテル社は『きかんしゃトーマス』の他にも、バービー&ケン人形やホットウィールなど様々なオモチャ商品を有している。同社発の近作としては、同名アクション・フィギュアを映画化した2016年の『マックス・スティール』がある。ほか、バービー人形はマーゴット・ロビー主演で実写映画化も準備されている。

この度の映画では実写とアニメのハイブリッドということだが、果たしてどの部分が実写に、どの部分がアニメになるのだろうか。前例として、監督が手掛けた『プーと大人になった僕』はひとつの参考になるだろう。世界中の子どもたち(と、その親)から大きな注目を集めることになりそうだ。

なお、有名キャラクターをハリウッド映画化する企画としては、他に『トムとジェリー』(同じく実写とアニメのハイブリッド)、『ハローキティ』(実写かアニメかは不明)などがある。

Source:Variety

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly