『マイティ・ソー』シリーズ、ヒロインとの恋はどうなった? ― 最新作『バトルロイヤル』にはおなじみ「戦友チーム」も登場か

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は、2011年『マイティ・ソー』に始まった3部作の完結編であり、従来作品とは異なるアプローチを打ち出した作品だ。ビジュアルの鮮やかさ、コミカルなタッチは予告編からも十分に伝わってくる。新たな女性キャラクターとして、テッサ・トンプソン扮するヴァルキリーが登場することも特徴だろう。

しかし気になるのは、これまで『マイティ・ソー』シリーズに登場してきた“おなじみのメンバー”、それも現時点で登場するかどうか明らかになっていないキャラクターたちの「その後」である。なかでも気になるのは、ヒロインを務めてきたジェーン・フォスターとの関係がどうなってしまったのか、ということだ……。

注意

この記事には、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』のネタバレと捉えうる情報が含まれています。

ジェーン・フォスターは登場せず、ソーとの関係は?

2016年5月の時点でマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長の口からも語られていたように、『マイティ・ソー』シリーズの前2作でヒロインのジェーン・フォスターを演じていたナタリー・ポートマンは本作に出演していない。理由は「地球の場面が数シーンしかない」ことだと説明されているが、ポートマンはマーベルとの仕事が「終わった」とも以前発言していた

そんな中、トンプソン演じるヴァルキリーが登場することは“もしや新ヒロインか?”というファンの推測をより強めるものだった。ジェーン・フォスターが登場しない『マイティ・ソー バトルロイヤル』で、もしやソーの次なるロマンスが描かれるのではないかと……。
しかし米ScreenRantの取材で、ソー役のクリス・ヘムズワースはその疑惑を否定している。

「ソーは自分のヒーローと出会ったようなものなんだよ! 彼女の過去やヴァルキリーであること、そういった事情に打ちのめされる。でもすごく美しい女性だから驚くんだよね。あと彼女は…やろうと思えばソーをボコボコにぶん殴れる。だから彼女にはそうそう立ち向かったりしないと思うな。
明らかにジェーンの時とは違うよね。そこにはまるで別の好意や愛情があったんだ。だから別物として、“前とは違うものをどうやったら作れるか?”ってことを考えたよ。」

むろんこの発言で注目すべきは、ヴァルキリーとの関係性はもちろんのこと、ヘムズワースが“ジェーンとの恋”を明らかに過去のものとして語っていることだ。
「じゃあソーはジェーンと別れたんですか?」と聞かれた彼は、やや言い淀みながらこう答えている。

「えっと、こんなふうに関係が終わったのかもしれないっていう、かなり愉快なアイデアはあるんだよ。」

この口ぶりからは、おそらくソーとジェーンの恋が終わってしまったことが(「かもしれない」という言い回しながらも)うかがえる。どうやらヘムズワースとタイカ・ワイティティ監督は二人の関係について何らかの回答を用意しているようだが……それが『マイティ・ソー バトルロイヤル』で描かれるかどうかは別問題だろう。

シリーズの戦友たち、ウォーリアーズ・スリー&シフは?

『マイティ・ソー』シリーズの熱心な観客にとって重要なのは、ソーの戦友であるウォーリアーズ・スリーとシフ(ジェイミー・アレクサンダー)の存在だろう。ヴォルスタッグ役のレイ・スティーブンソン、ファンドラル役のザッカリー・リーヴァイ、そしてホーガン役の我らが浅野忠信……。ところがシリーズ第1作ではコメディリリーフ的にも活躍したものの、第2作『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013)では出番が大幅に減らされてしまったのだ。

ジェーン・フォスターが『マイティ・ソー バトルロイヤル』に登場しないことから、一部のファンは4人が最新作に登場しないのではないかと危惧していた。しかしプロデューサーのブラッド・ウィンダーバウム氏は、同じく米ScreenRantの取材にてこの説を(明言は避けつつ)否定している。

インタビュアー:シフやウォーリアーズ・スリーが出てこないような気もするんですが、彼らに何が起こったかを知ることはできるんでしょうか?

ウィンダーバウム氏:その…そうとは言い切れませんよ。(彼らのその後については)そうですね。

もっともウォーリアーズ・スリーを演じる面々は、2016年夏に撮影地のオーストラリアを訪れていたことがわかっている。まだ予告映像などにその姿が登場してこないだけで、きっと本編ではなんらかの活躍を見せてくれることになりそうだ……が、よく考えるとヘラ(ケイト・ブランシェット)によってアスガルドは壊滅させられているような……。

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は2017年11月3日より日米同時公開

Sources:?http://screenrant.com/thor-3-ragnarok-jane-foster-natalie-portman/
http://screenrant.com/thor-ragnarok-lady-sif-warriors-three/

http://collider.com/chris-hemsworth-thor-ragnarok-interview/
cWalt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。