Menu
(0)

Search

『マイティ・ソー バトルロイヤル』ウォリアーズ・スリーをマーベル社長が語る ― シフの真相も

マイティ・ソー バトルロイヤル
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

映画マイティ・ソー バトルロイヤルは、2011年『マイティ・ソー』に始まったシリーズ3部作の完結編だ。タイカ・ワイティティ監督によって大胆に方針転換が図られ、アドベンチャー・コメディとしての性質が強まった本作には、シリーズのファンを驚かせる展開も多数用意されている。

注意

この記事には、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』のネタバレが含まれています。

マイティ・ソー バトルロイヤル
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

ウォリアーズ・スリー、まさかの瞬殺

映画の冒頭、ソーとロキを相手に圧倒的な力の差を見せつけたヴィランのヘラは、アスガルドに到着するやヴォルスタッグとファンドラルを一瞬で殺し、そのあと大量の兵士を引き連れて目の前に立ちはだかったホーガンをもあっという間に倒してしまう。
第1作ではソーの仲間として活躍し、コメディリリーフとしての印象も強く残した3人は、なんと完結編が始まって早々に姿を消すことになるのだ。『マイティ・ソー』シリーズのファンであればあるほど、その扱いには動揺を隠せないことだろう。

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、米ScreenRantの取材にてウォリアーズ・スリーの顛末に言及している。

「彼らの尊い最期は、主にヘラの登場、最強のヴィランをマーベル・シネマティック・ユニバースに登場させるために果たされたものなんです。彼女は登場してから5分でハンマーを破壊し、ロキとソーをアスガルドから追放し、これまでの作品に登場した人物をほとんど全員殺してしまう。そういった衝撃から始めたかったんです。」

むろん、こうした展開はキャラクターを愛するファンに拒否反応を示させるリスクも伴っている。劇中ではウォリアーズ・スリーの退場後、彼らの存在について言及されることは一度もないのだ。こうした描かれ方については、すでにファンの間でも賛否が分かれているところである。
それでもファイギ社長は、3人の死について「軽いものではない」と述べて、「彼らはこれからも記憶されていく」と話している。『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』には死亡したキャラクターが再び登場するという予想もあるだけに、再登場の可能性はまだ残されているかもしれない?

シフ役女優、スケジュール合わず

ところで『マイティ・ソー バトルロイヤル』には、これまでウォリアーズ・スリーと一緒に登場してきたシフが登場していない。もはや殺されることもなく3部作が完結してしまったわけだが、その背景にはシフ役のジェイミー・アレクサンダーのスケジュールが調整できなかったという事情があったようだ。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』の撮影中、ジェイミーは自身の主演するドラマシリーズ『ブラインドスポット タトゥーの女』シーズン3の撮影に参加していたという。米Yahoo! Entertainmentのインタビューにて、彼女はその心境をこう語っている。

「(出演の)依頼は受けましたが、撮影する予定の時期は『ブラインドスポット』を撮る予定になっていたんです。完全に同じ時期で、スケジュールがぶつかっていたんですね。もう少し早く知らせてくれればと思いましたよ、それなら参加できたかもしれなかったので。」

ジェイミーはスケジュールの調整に挑戦したというが、結局のところ、オーストラリアで撮影していた『マイティ・ソー バトルロイヤル』の現場へ移動することは叶わなかった。「悲しかったですね、がっかりでした。」

彼女はインタビューで、本作について「観るのをすごく楽しみにしているんですよ」と述べている。また、「いつか別のプロジェクトに参加できれば幸せですね」とも。
ファイギ社長の発言から考えるに、もし登場していたらヘラに殺されていたものとみられるが、こうしてシフはスケジュールの都合から生き延びることになった。もっとも、このままフェードアウトになってしまう可能性も非常に高そうなのだが……。

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は2017年11月3日より全国の映画館にて公開中。ウォリアーズ・スリー&シフの活躍は、過去作品で繰り返し味わうことにしよう。

Sources: https://screenrant.com/thor-3-ragnarok-warriors-three-death-explained/
https://www.yahoo.com/entertainment/thor-ragnarok-jaimie-alexander-explains-lady-sif-mia-224123524.html
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly