『マイティ・ソー バトルロイヤル』演劇シーンの爆笑カメオ、監督が詳細語る

異才タイカ・ワイティティ監督の手腕によって、爆笑と興奮が見事に同居する傑作となった『マイティ・ソー バトルロイヤル』。劇中には様々な笑いのシーンが盛り込まれていたが、中でもメタ的な笑いを誘う場面があった。意外な有名人がカメオ出演し、驚きと笑いをもたらしたとあるシーンについて、タイカ・ワイティティ監督が語っている。

注意

この記事には、『マイティ・ソー バトルロイヤル』の内容が含まれています。

マイティ・ソー バトルロイヤル

©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

マット・デイモン、サム・ニール、ルークヘムズワースが演劇シーンでカメオ出演

物語序盤、アスガルドに戻ったソー。前作『マイティ・ソー /ダーク・ワールド』(2014)以来、オーディンに化けたロキが民を統治していた。オーディン姿のロキは、自らの死を英雄的な犠牲として舞台化し、民にロキの偉大なる最期を伝えていたのだ。

その舞台でソーたちを演じていた人物が、我々もよく知る役者だった。ソー役はクリス・ヘムズワースの兄でHBOドラマ『ウエスト・ワールド』などで知られるルーク・ヘムズワース。ロキ役はマット・デイモン。そしてオーディン役は『ジュラシック・パーク』(1993)主人公アラン・グラント博士役のサム・ニールである。

この爆笑カメオについて、タイカ・ワイティティはRadio Timesに詳細を明かしている。ルーク・ヘムズワース、マット・デイモン、サム・ニールという豪華な面々へカメオ出演のオファーを送ったのは、「知り合いを介して」だったそうだ。「もしロキが彼の死を劇にするなら、アスガルドの演劇界で最大のスターで、一番才能ある役者に演じさせたいはずですよね」と語るワイティティ監督。どうやらマット・デイモンは、アスガルドの世界でもスターだということらしい。

「それから偶然なんですけど、『ジュラシック・パーク』のジェフ・ゴールドブラムとサム・ニールが映画で再共演したのはこれが初めてでしょう?ユニバース跨ぎってやつですね。」

ワイティティ監督は、自身の別作品に登場した役者を再登場させることを好むという。たとえばグランドマスターのアシスタント女性トパーズは、2016年の監督作『ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル』のレイチェル・ハウスだ。レイチェルは、ワイティティ監督が脚本初稿を担当したディズニー映画『モアナと伝説の海』(2016)のタラおばあちゃんの声も務めている。『ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル』からは、おなじくコーエン・ホロウェイもカメオ出演している。「他の映画から自分の役者を起用するのが好きなんですよね。なんだか自分の映画だなという気がして。安心できるし、ちょっとリラックスできますね」と監督。

ちなみにマット・デイモンは、クリス・ヘムズワースが本作『マイティ・ソー バトルロイヤル』プロモーションを兼ねてTV番組『ジミー・キンメル・ライブ!』にゲスト出演した際、バックスクリーンに登場して妨害を働いている。親友ベン・アフレックがDC映画で大役バットマンを演じる一方、マット・デイモンが得たマーベル映画への出演役を比較して考えるのも、この二人らしくて面白い。

Source:http://www.radiotimes.com/news/film/2017-11-03/thor-ragnarok-has-some-incredible-unexpected-cameos/

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。