Menu
(0)

Search

『ソー:ラブ&サンダー』映像にラッセル・クロウの姿も登場、神々を束ねる「ゼウス」役

ラッセル・クロウ
© Photoshot 写真:ゼータ イメージ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品ソー:ラブ&サンダーの日米同時公開(2022年7月8日)が決定し、初の特報映像が届けけられた。

かつての肉体を取り戻したソーや、王になったヴァルキリー、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のメンバーや、ムジョルニアを持つ女性版ソーことジェーン・フォスター(ナタリー・ポートマン)など、注目ポイントはたくさん。もう1人、マーベル・ファンも映画ファンも注目の新キャラクターがある。ラッセル・クロウが演じる「ゼウス」だ。

映像では、0:51〜0:52に登場している人物がクロウのゼウスだと見られている。どこかの議会場のような場所で、黄金の甲冑を着て人々の歓声を一身に浴びている人物だ。

クロウが演じるゼウスとは、ギリシャ神話に基づくキャラクター。オリンポスの神々を束ねる存在で、天空と気候を司る神だ。ということは議会場に見える人々は様々な神々、あるいはそれに準ずる代表者たちか。本作では、クリスチャン・ベールが神々の虐殺を目論むヴィラン、ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーとして登場する。おそらく、ここにいる神々も標的となるのだろう。

ラッセル・クロウといえば、『L.A.コンフィデンシャル』(1997)や『インサイダー』(1999)、『アメリカン・ギャングスター』(2007)といったハードボイルド系の作品ほか、『ビューティフル・マインド』(2001)のような名作ドラマ映画でも知られる。アメコミ映画では、DC『マン・オブ・スティール』(2013)にスーパーマンの父ジョー=エルとして出演済み。ほか代表作には『グラディエーター』(2000)があるが、米Comicbook.comは、両腕を開いたその勇ましい姿を比較している。

この投稿をInstagramで見る

ComicBook.com(@comicbook)がシェアした投稿

ちなみに少々ややこしいことに、クロウは本作とは別に、ソニーのマーベル映画『クレイヴン・ザ・ハンター』にも役柄不明で出演することになっている。ゼウスとは別のキャラクターになるものと見られる。

ソー:ラブ&サンダー(原題:Thor: Love and Thunder)』は、2022年7月8日に日米同時公開公開。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly