Menu
(0)

Search

『ソー:ラブ&サンダー』最も美しいシーン、家電量販店の駐車場で撮影されていたとナタリー・ポートマン

ソー:ラブ&サンダー
©Marvel Studios 2022

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作、『ソー:ラブ&サンダー』がついに公開された。前作に引き続き監督を務めたタイカ・ワイティティならではのユーモアあふれるコメディやアクション、そして美しく彩られた映像に釘付けにされた観客も多いだろう。もっともそんな美しいシーンは、“とある意外な場所”で撮影が行われていたようだ。

『ソー:ラブ&サンダー』では、ムジョルニアを手に入れた天文物理学者、ジェーン・フォスター(ナタリー・ポートマン)がマイティ・ソーとしてシリーズにカムバックを果たし、かつてのボーイフレンドであるソー(クリス・ヘムズワース)との共闘が描かれた。ふたりのアッセンブルからロマンスの再熱にも視線が注がれていた本作。ここではネタバレを避けるため言葉は控えるが、“ふたりのソー”による美しい瞬間が描かれたことだけは明記しておきたい。

Entertainment Weeklyのインタビューにてナタリー・ポートマンは、『ソー:ラブ&サンダー』について「これまで観た映画の中で、最も映像的に美しいと思うシーンがあります」としながらも、どうしても観返すたびについ頭を過ぎってしまうことがあるそうだ。それはそのシーンが、「ベスト・バイ」というアメリカを本社に置く家電量販店にて撮影されたことにあると、ポートマンは笑いながら説明している。

「ベスト・バイの駐車場で実際に撮影したんです。このような規模感の映画に出演するのはとてもワイルドなことで、ブルースクリーンを使って実際に駐車場で撮影したんですけど、本当にドラマチックなことをやっていたんです。映画を通してだと本当に美しいのですが、それ観るたびに、“これはベスト・バイの駐車場だ”と思ってしまうんですよ。

そのドラマチックなシーンについて具体的な言及はなされていないため、ここはファンの想像に委ねられた。実際のシーンについてまでコメントしてしまうと、ファンも同じように余計なことが毎回頭に過ぎってしまうからかもしれない。そんなポートマンによる気遣いとも考えられるため、ここでは余計な詮索や予想は控えておこう。

Source:Entertainment Weekly

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly