『マイティ・ソー バトルロイヤル』、他のMCU作品とのクロスオーバーはあるか?プロデューサーが微妙なコメント

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)としては『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の“前ぶれ”にあたる作品である。2018年3月には『ブラックパンサー』も公開されるが、『インフィニティ・ウォー』に先がけるアベンジャーズ・メンバーの単独作品としては最後の一本なのだ。

注意

この記事には、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』のネタバレになりうる情報、および『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』予告編映像のネタバレが含まれています。

マイティ・ソー バトルロイヤル

cWalt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

すでに広く告知されているように、『インフィニティ・ウォー』ではガーディアンズ・オブ・ギャラクシーがついにアベンジャーズとの対面を果たすことになる。では、宇宙を舞台に展開する『マイティ・ソー バトルロイヤル』にガーディアンズのメンバーは登場するのか……??本作のプロデューサーが微妙なコメントを発表している。

出るのかな、出ないのかな?

『マイティ・ソー バトルロイヤル』のプロデューサーを務めるブラッド・ウィンダーバウム氏は、米ScreenRantの取材で、本作と『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の繋がりをこう述べている。

「私たちは(作風の面で)『ガーディアンズ~』よりもジャック・カービー(アーティスト)の方に強い影響を受けています。でも『ガーディアンズ~』の要素は(『マイティ・ソー バトルロイヤル』でも)スタイルと物語の両面でそのまま活きることになりますよ。
地上のヒーローたちが同じ場所に生きて同じ空気を吸っているのと同じように、すごくMCUらしい言い方ですが、宇宙にいても同じ場所で生きて同じ空気を吸っているんです。」

“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーとソーたちが同じ宇宙にいる”というのは、いくらなんでもあまりにわかりきっていた話だろう。したがって、ここであえて注目するなら「『ガーディアンズ~』の要素がスタイルと物語の両面でそのまま活きる」という発言のほうだ。言葉通りに受け止めると、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に登場した要素が何らかの形でそのまま登場するということになる。なんらかのクロスオーバーが行われる可能性は高そうだが、メンバーが登場するかどうかは別の話だ……。

なお2017年7月にイベントで上映された『インフィニティ・ウォー』の予告映像によると、同作にはガーディアンズのメンバーがミラノ号で航行していたところ、フロントガラスにソーが激突するという場面が含まれているようだ。しかし『マイティ・ソー バトルロイヤル』を手がけたタイカ・ワイティティ監督によれば、そのシーンは『マイティ・ソー』のネタバレにはなっていないという。すなわち、少なくとも本作のポスト・クレジット・シーンでもソーとガーディアンズは出会わないのだろう。

果たして『インフィニティ・ウォー』に先がけてガーディアンズは『マイティ・ソー』に登場するのか、それともまだお預けなのか。その真相はあと約2ヶ月で明らかになる。

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は2017年11月3日より日米同時公開。

Sources:?http://screenrant.com/thor-ragnarok-cameo-guardians-of-the-galaxy/
http://www.cinemablend.com/news/1686049/does-the-avengers-infinity-war-footage-actually-spoil-the-end-of-thor-ragnarok-heres-what-the-director-says

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。