Menu
(0)

Search

『ソー:ラブ&サンダー』初期の4時間版は「クソヤバ」とクリス・ヘムズワース

ソー:ラブ&サンダー
©Marvel Studios 2022

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作ソー:ラブ&サンダーの上映時間は1時間59分になるようだ。実際には即興的に撮影されたシーンが山ほどあり、初期段階では4時間尺のバージョンが存在していたと言う。

以前、主演のクリス・ヘムズワースが本編入りしなかった映像について、「この映画には編集可能なマルチバースがあるんです」と言及し、タイカ・ワイティティ監督も、「この映画には、15種類のバージョンにできるポテンシャルがあるんです」と答えていた。その点を詳しく知りたいと、米Colliderが取材にて2人に質問を直撃している。

「最初のカットはどれぐらいの長さだったのですか?削除されたシーンは沢山あったのでしょうか?」とインタビュアーが訊ねると、ワイティティが「4時間ぐらいはあったよ」と返答。監督によると、撮影した瞬間は最高だと感じたシーンも編集を経て半年ほど経つと、物語に必要だと思えなくなったとのこと。続けてヘムズワースがエクステンデッド版について、「今まで観た中で一番クソヤバ(batshit crazy)でワイルドな4時間版バージョン」と反応している。

続けて「そのバージョンを実際にご覧になったんですか?」と尋ねられた2人は、「イエス」と回答。ワイティティ監督いわく4時間版には様々なシーンが盛り込まれ、兵士のグループが川沿いでフランス人と夕食を共にする場面もあったとのこと。

そのバージョンをヘムズワースは「モンティ・パイソンのコントのようだった」と表現しており、監督が4時間版はそのままリリースできるような状態ではなく、どちらかというと10~15のまとまったシーンが繋がったアッセンブリー的なカットだとも説明。結論として2人は、そういったシーンを入れると軸となる物語が犠牲になってしまうため、入れなかったと述べている。

「削除されたシーンを全て観たい!」という人は少なくないだろう。DVDやBlu-rayの発売時に、本編入りが叶わなかったシーンが収録されることを期待したい。ソー:ラブ&サンダー』は2022年7月8日に劇場降臨。

Source:Collider

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly