Menu
(0)

Search

『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』クリス・ヘムズワース、身体を鍛えすぎて「史上最大のソー」に

クリス・ヘムズワース「東京コミコン2019」2日目オープニングステージ
©THE RIVER

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品マイティ・ソー/ラブ&サンダー(原題:Thor: Love and Thunder)』のため、ソー役のクリス・ヘムズワースは激しい肉体改造を経て“巨大化”した。クリスのスタントパーソンを務めるボビー・ホランド・ハントンいわく、もはやMCU史上最大サイズのソーに仕上がっているとか……。

マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013)からソーのスタントを務めているボビーは、このたびオーストラリアのラジオ番組「Fitzy and Wippa」に登場。クリスとは『タイラー・レイク ―命の奪還―』(2020)『メン・イン・ブラック:インターナショナル』(2019)などでもタッグを組んできたが、今回の巨大化にはさすがに驚きを隠していない。

「みんなに“(クリスは)デカいよね”って言われるもんだから、僕のほうは“すごいよね、僕が彼のスタントダブルなんだけど”って。だから、クリスには“ありがとう、君のおかげで仕事がキツくなったよ”とメールしました。彼とは一緒に鍛えているし、一緒にトレーニングして、同じようにダイエットしています。」

ボビーいわく、『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』のソーは、文字通りの意味で「クリス史上最大のソー」。前回登場作である『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)のソーはある意味で史上最大のサイズ感だったが、今度は『マイティ・ソー』シリーズなど従来のソー像に忠実な方向性での“史上最大”となる。ボビーは「だから僕も自分史上最大です。チャレンジですが、これは面白いですね」とも語った。

ただし、もちろん面白いばかりではない。なにしろ、現在のクリス&ボビーは肉体を維持するため2時間ごとに食事をする生活だそうで、これにはボビーも「(食べることが)ただの作業になってきました。食べることがまったく楽しくない」と漏らしているのだ。「2時間ごとにカロリーを摂り、1日2回トレーニングをする。徹底的にやっています」。

もっともそれだけの甲斐あって、クリスの肉体は、すでに2020年11月下旬の時点ですっかり鍛え上げられていた。ジェーン・フォスター役のナタリー・ポートマンも「これは異世界」と驚いたほどである。

あわせて読みたい

Sources: Fitzy and Wippa, NZ Herald

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly