Menu
(0)

Search

クリス・ヘムズワース、『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』共演のクリス・プラットに「圧倒される」と焦り

クリス・プラット Chris Pratt クリス・ヘムズワース Chris Hemsworth
Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Chris_Pratt_(28045470154).jpg|Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Chris_Hemsworth_(35437549953).jpg |Remixed by THE RIVER

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の『マイティ・ソー』シリーズ最新作『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』には、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのメンバーも登場する。そんな本作で期待されているのが、クリス・ヘムズワース演じるソーとクリス・プラット演じるピーター・クイル/スターロードの掛け合いだ。

現在、『ラブ&サンダー』は、オーストラリアにて撮影が進行中。ソー役のヘムズワースは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)ぶりの共演となったプラットに対して、ある種焦りのような感情を撮影のあいだに抱いたようだ。豪GQ Australiaのインタビューでこれを話している。

撮影で再会したプラットについて、「彼の自然な感じとユーモア、そして彼が思いつくことの数々は並外れてすごいですよ」と絶賛するヘムズワース。これまでのMCU作品で、クイルを当意即妙に演じてきたプラットだが、そのコミカルな演技やアドリブセンスにヘムズワースは改めて感心しているようだ。

「面白いですし、刺激にもなります」。自身への好影響も続けて明かすヘムズワースだが、その一方でこのようにも語っているのだ。「圧倒されます」。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)以来、ある意味因縁の仲にあるソーとクイル。2人が繰り広げる船長のポジション争いや意地の張り合いは名物となりつつあるが、ヘムズワースに「脅威的」と言わしめるプラット。次はどんな掛け合いが待っているのだろうか。

ところで、焦りを感じているのは逆もまた然り、な可能性もある。撮影開始前、巨大なタイヤを持ち上げるトレーニング風景を写したヘムズワースのInstagramの投稿に、プラットは「僕のトレーナーが、君に筋トレをやめてほしいんだとさ。彼はそんな体の君の隣に僕を立たせたくないみたい」と返信。これもプラットなりのユーモアだが、進化し続けるばかりのヘムズワースの肉体に、内心焦っているかもしれない。本編では、ユーモアと筋肉の二番勝負に注目か…?

あわせて読みたい

Source: GQ Australia,Chris Hemsworth Instagram

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly