Menu
(0)

Search

『ソー:ラブ&サンダー』はヴァルキリーのセクシャリティをどう描いたか ─ 「とても満足」とテッサ・トンプソン

ソー:ラブ&サンダー
©Marvel Studios 2022

マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)でマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に初登場したヴァルキリーは、そのセクシャリティをどう描くかという点において長らく課題を残しつづけてきたキャラクターだった。当初からバイセクシャルという設定があったものの、登場した『マイティ・ソー バトルロイヤル』『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)ともに、そのことが観客に伝わる描写はなかったのである。

では、3度目の参加となる『ソー:ラブ&サンダー』で、製作陣はこの課題にどう取り組んだのか? 演じるテッサ・トンプソンは、このことを監督・脚本のタイカ・ワイティティとは「たくさん話し合った」と米Yahoo!にて語っている。

「(セクシャリティの表現は)大きな話題でした。明らかにクィアである、あるいはLGBTQIAであるキャラクターを見たいという強い欲求が観客の中にあると思っていましたし、リプレゼンテーション(多様性を正しく作品に反映し表現すること)は非常に重要なものだから。」

『ソー:ラブ&サンダー』でヴァルキリーのセクシャリティが掘り下げられることは以前から示唆されていたが、一方でトンプソンは「マーベル映画ではラブストーリーに割ける時間があまり多くない」とも述べていた。ワイティティとトンプソンは、あくまでもこの前提に立ちながら話し合いを進めてきたようだ。

「特にこうした映画の場合、ストーリー的には(ヴァルキリーのセクシャリティを)描く余地があまりないのです。だからこそ、そこをどう扱うかをきちんと話し合いました。そして、個人的には本作でやれたことにとても満足しています。ヴァルキリーにはファンが共感できるキャラクターでいてほしいし、彼女のあらゆる人間らしさをじっくりと描ける時間があってほしいと思います。」

このように語る背景には、セクシャリティを表現することの重要性とともに、ストーリーとキャラクター性が必ずしも繋がるとは限らないというトンプソンの考え方がうかがえる。今回のインタビューで、トンプソンはこのようにも述べているのだ。

「私たちは人間として、自分のセクシャリティや、自分が誰を愛するのかによって定義づけられるものではありません。だから時には、物語に従うことでキャラクターの人間味が大きく損なわれることもあります。なぜなら彼女たちは他の何者でもないからです。[中略]この映画でヴァルキリーが愛を見つけるかどうかは、彼女が素晴らしいクィアのキャラクターであるかどうかとは関係のないこと。彼女は、しかるべきタイミングで愛を見つけることにオープンなんですよ。」

映画『ソー:ラブ&サンダー』は2022年7月8日(金)に日米同時公開。

Source: Yahoo! Entertainment

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly