Menu
(0)

Search

マーベルのヴィランチーム映画『サンダーボルツ』発表 ─ メンバー不明、『ブラック・ウィドウ』脚本家が就任

Photo by big-ashb

マーベル・スタジオの新作映画『Thunderbolts(原題)』の存在が明らかになった。極秘で進められていたと見られる。米Deadlineが報じた。

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『Thunderbolts』は、政府から依頼された任務に挑むヴィランチームを描く作品。現在マーベルは2023年夏の撮影開始に向け、過去のMCU出演者に対して個別にスケジュール調整の連絡を取っているという。

どのキャラクターが登場するかは不明。Deadlineは、バロン・ジモ、 エレーナ・ベロワ、ゴースト、タスクマスター、アボミネーション、USエージェント、そしてウィンター・ソルジャーが招集される可能性を独自に推測している。

また、『Thunderbolts』のタイトルからは、サディアス・“サンダーボルト”・ロス将軍の登場も予想できる。同役を演じたウィリアム・ハートは、2022年3月に逝去している。

『ペーパータウン』(2015)やカニエ・ウエストのMVを手がけたことで知られるジェイク・シュライアーが監督を務める。シュライアーのプレゼンテーションに重役らが圧倒され、抜擢に至ったという。脚本には『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)『ブラック・ウィドウ』(2021)のエリック・ピアソンが起用された。ケヴィン・ファイギがプロデュースを務める。

政府のために戦うヴィランチームとしては、DC映画『スーサイド・スクワッド』がある。『Thunderbolts』は、さながら「マーベル版『スーサイド・スクワッド』」となりそうだ。

なお『Thunderbolts』は同名のコミックシリーズが存在。その歴史は1997年に遡り、時期によってメンバー編成は異なる。初代メンバーはバロン・ジモがリーダーを務めた。

Source:Deadline

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly