Menu
(0)

Search

『最後のジェダイ』はここまで自由に作られた!監督自身が明かす『スター・ウォーズ』創作の秘密

©THE RIVER

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は、劇場公開されるやいなや全世界でファンからのさまざまな反応を呼んだ。その挑戦的なストーリーを熱狂的に絶賛する者があれば、「これをスター・ウォーズとして認めるわけにはいかない」と言わんばかりにシリーズの正史から外すよう求める者まで現れたのだ。

なににせよ確かなことは、脚本・監督を務めたライアン・ジョンソンが、創作の自由をきちんと確保された上で映画製作にあたっていたことだろう。では『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)に始まった新3部作は、どこまでストーリーをあらかじめ決定されているのだろうか? そして、監督はどこまで自由に創作を許されたのだろう?

Deadlineのインタビューで、監督自らがその製作プロセスを明らかにした。自身の欲求とルーカスフィルムのスタイル、そして監督によるジョージ・ルーカス作品の分析まで、その発言からは『最後のジェダイ』に秘められた監督の志が見えてくる。

ライアン・ジョンソン
Photo by Gage Skidmore ( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/6855052782/ )

監督が語る『最後のジェダイ』メイキング

「最高のスター・ウォーズを作りたい」

2016~2017年にかけて、映画ファンはルーカスフィルムの奇妙な……いや、いささか乱暴な動きを見つめてきた。
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)のギャレス・エドワーズ監督に要求された大量の再撮影、トニー・ギルロイの途中参加による再編集。『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018年6月29日公開)を大部分撮り終えていたフィル・ロード&クリス・ミラー監督の降板、そしてロン・ハワード監督による引き継ぎ。極めつけは『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の脚本・監督を務める予定だったコリン・トレボロウの離脱、J・J・エイブラムスの登板だ。

こうした動きの中、なぜか思わぬスムーズさで『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を作り上げたのがライアン・ジョンソン監督である。次々起用される若手のうち、なぜライアンだけがこんな所業をやってのけられたのか……。彼は「スタジオと戦うことはなかった」と言い切って、ルーカスフィルムとの良好な関係を明言している。

「一番最初から、ルーカスフィルムやディズニーは僕の作りたい映画を作ることを許してくれました、(スター・ウォーズに)個人的なものを見つけるよう積極的に仕向けてくれました。」

「個人的なもの」とはいえ、それは自分と父親の関係を作品に見出すようなことではないと監督は説明する。それは自分自身の方法、自分自身が深い関心を抱けるものを指しているのだ。

とにかく死力を尽くして戦う、そんな戦争の物語を描ければと願いました。それから、最高の『スター・ウォーズ』を作りたかった。そこに狙いを定めたんです。“よし、革新的なことをやろう”なんて言いませんでした。素晴らしい『スター・ウォーズ』を作りたいと思ったんです。」

監督の覚悟、ルーカスフィルムのバックアップ

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は、新3部作の第2作という、やや立ち位置の難しい作品となっている。『フォースの覚醒』のラストから直結したストーリーを、いかに『エピソード9(仮題)』に繋げるのか、そんなバトンタッチの役割を担っているはずだと考えるのが自然だろう。

しかし驚くべきことに、ルーカスフィルムは『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を作るための要素をライアン監督に何も要求しなかったのだという。「殺したいキャラクターを殺せた」とうそぶく監督は、脚本執筆のプロセスをこう説明するのだ。

「ストーリーテリングの作業は本当に良かったですよ。確かに、3部作のストーリーではあるんです。1作目が紹介、2作目が特訓…ですから、登場人物への挑戦ですね。3作目では全員が集まって、すべて解決されなければならない。
それでも、本当に縛られるものなく、いわゆる大筋にも沿わずに脚本を書くことができました。『フォースの覚醒』で感じたことや、自分が見たいと思ったものに反応して、この映画を個人的な作品として作れたと思います。自分が正しいと感じたところ、一番面白いと思ったところへ登場人物を連れていくこともできました。この映画で、登場人物が予想外の方向へ向かうと感じられるのは、そんな自由さがあったからだと思います。もしもすべてが計画されて、事前に書かれていたとしたら、もう少し予測できるものになっていたかもしれませんね。」

もちろん、「最高の『スター・ウォーズ』を作りたかった」と語っているように、ライアン監督は自由な創作の中でも、この作品を「スター・ウォーズらしくしたい」と考えていたようだ。「ミレニアム・ファルコンを紫に塗ったら笑えるんじゃない?とか、そんなアプローチじゃなかったわけです」と話す彼は、“スター・ウォーズらしさ”と“自身の作家性”の狭間にて、「リスクを背負うことも選んだ」と言い切っているのである。

「(スタジオから)元の車線に戻されるように感じたことはありませんでした。どちらかといえば、こんなことやって許されるのかな?という恐怖心からくる自主規制が危険だったんです。ルーカスフィルムのストーリー・グループのチェックを受ける時にわかったのは、彼らが僕の後押しをしてくれていることでした。“うわあ、とっても変ですね。なんじゃこりゃ、これは挑戦してみないと”って。むしろ彼らは、僕が恐怖のあまり自分で決めてしまったり、ためらったりすることから守ってくれていたんですよ。」

ジョージ・ルーカスの「個人的な映画」

本作を自らの「個人的な映画」だというライアン監督だが、もちろん『スター・ウォーズ』やジョージ・ルーカスへの敬意を忘れてはいない。そうした側面は、ルーカスが『スター・ウォーズ』を生み出すために参照した映画を自ら参照し直したことや、ルーカスの仕事が自分に与えた刺激を見つめ直したという部分にも表れているだろう。

そんなライアン監督は、ルーカスが手がけたオリジナル3部作、プリクエル3部作もまた「ルーカスが深い関心を抱いた、とてつもなく個人的な映画」であると述べている。ただしその一方で、その特徴をこのようにも分析しているのだ。

「ジョージ・ルーカスはオリジナル3部作でクリエイティブな影響力を発揮していましたが、それぞれの作品には独自の個性がありますよね。それぞれに独自のスタイルと手ざわりがある。(作品の)似ている部分と同じくらい、異なる部分も称賛されているんです。キャラクターは再登場しますが、(作品ごとに)新しい文脈の中へ置かれているんですよ。」

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より全国の映画館にて公開中。
なお、ライアン・ジョンソン監督は2020年以降の『スター・ウォーズ』新3部作を指揮することがすでに決定している。

Source: http://deadline.com/2017/12/star-wars-the-last-jedi-rian-johnson-ram-bergman-interview-spoilers-deleted-scenes-lucasfilm-plans-1202227741/
©THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条として、海外の映画・ドラマを中心に執筆しています。日本国内の映画やアニメーションも大好きです。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly