Menu
(0)

Search

マーク・ハミル『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のレイアを「みんな大好きになる」

スター・ウォーズ/フォースの覚醒
写真:ゼータ イメージ

本日、2017年10月10日(日本時間)は映画スター・ウォーズ/最後のジェダイにとって非常に重要な一日だ。午前中から新ポスターが公開されたほか、ファン待望の新たな予告編も解禁となり、いよいよ劇場公開が迫っていることを実感させる。

ネタバレを避けている読者のために不必要な言及は控えるが、やはり予告編でも注目が集まるだろう人物は、本作が最後の『スター・ウォーズ』となった故キャリー・フィッシャー扮するレイア・オーガナだ。レジスタンスの将軍でありカイロ・レン(アダム・ドライバー)の母親である彼女は何を見つめているのか、そして彼女にはどんな幕切れが用意されているのか?

2017年10月7日(現地時間)、シリーズでルーク・スカイウォーカー役を演じるマーク・ハミルが「ニューヨーク・コミコン2017」のパネルイベントに登場。そこで彼は、『最後のジェダイ』で描かれるレイア・オーガナの姿、そして新3部作の初期構想について語っている。

「みんな彼女のことが大好きになる」

1977年『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の主人公ルーク・スカイウォーカーは、新3部作の完結編『エピソード9(仮題)』を前にして“オリジナル・メンバーの最後のひとり”になってしまった。ハン・ソロは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)をもって退場したし、レイア・オーガナは『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』に登場しないことが明らかになったのだ。

演じるマーク・ハミルは、『最後のジェダイ』におけるレイア・オーガナの登場についてこう説明する。

「みんな、彼女のことが本当に大好きになりますよ。」

かつてフィン役のジョン・ボイエガは、『最後のジェダイ』という作品を「最高の形でキャリーを送り出す映画」だと述べた。また脚本・監督を務めたライアン・ジョンソンも、まさかレイアの最後の出番になるとは想像しなかったものの、「劇中の彼女の行動にとてもエモーショナルな反応が起こるだろう」話しているのだ。

『最後のジェダイ』では、キャリーの急死によって大幅な再撮影・再編集が生じることはなかったという。ではライアン監督は、その物語にいかなる決着をもたらすことができたのか、それとも決着というものは存在しないのか……。
米エンターテインメント・ウィークリー誌の記事では、本作でレイアが果たす役割やそのストーリーの一部が示唆されている。本編の内容に一部言及されているのでご注意いただきたいが、こちらの記事でぜひ確かめてほしい。

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』レイアの出番が多いはずだった?

またマーク・ハミルは、本当は『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』でレイアが大きな役割を担うはずだったことを明かしている。かつてルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長も「そうなるべきだった」と話したことがあったが、現実にそうした構想が存在したというのだ。

(ルーカスフィルムが)『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』で彼女の物語をふさわしい形で終えるため、その方法を探そうとしていたことは知っています。なぜなら『フォースの覚醒』では(ハン・ソロが)やや目立ち、『最後のジェダイ』では少しだけルークが目立つんです。確実に『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』ではレイアが目立つはずだったんですよ。」

『最後のジェダイ』の内容が大きく変更されなかった代わりに、キャリーの訃報を受けて、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の脚本は全面的に練り直されたといわれている。しかし、当時脚本と監督を担当する予定だったコリン・トレボロウも現在はプロジェクトを降板。新たに『フォースの覚醒』のJ.J.エイブラムス監督が就任したことで、再び脚本の執筆が行われているようだ。したがって、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』におけるレイアの扱いについても若干の変動が生じている可能性はあるだろう。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より全国ロードショー

Source: http://comicbook.com/starwars/2017/10/09/star-wars-mark-hamill-episode-ix-leia-carrie-fisher/
写真:ゼータ イメージ

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly