Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ』ロキ役トム・ヒドルストン、マーベル映画参加時を振り返って「当時は『アイアンマン』しかなかった」

©THE RIVER

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)において屈指の人気を誇るキャラクターの一人が、「悪戯の神」「チョロ神」ことロキだ。映画アベンジャーズ(2012)では人類を支配しようと目論むもハルクにアッサリ叩きのめされたり、マイティ・ソー バトルロイヤル(2017)では自らの巨大スタチューを建立してみたり…。嘘つきで気まぐれだが、どこか愛嬌があるところも人気の秘密だろう。

そんなロキを演じるトム・ヒドルストンが、HeyUguysの最新インタビューに登場。MCUの変遷と共に、「ここ(MCU)にいられて本当にラッキー」と、ロキを演じることについての思いを明かしている。

僕が参加したときは、”マーベル・ユニバース”なんてなかった」と、MCU参加当初を振り返るヒドルストン。ロキ役に決定した当時、マーベル映画の世界は今よりもずっと小さなものだったという。

「(MCUの)一員になれたことを、ずっと嬉しいと思っています。確かマーベルは、僕がロキ役に選出された時点では『アイアンマン』1作目(2008)しかなくて、『アイアンマン2』(2010)の製作中だったと思います。でも今はガーディアンズ・オブ・ギャラクシー、キャプテン・アメリカ、ブラックパンサー、それにスパイダーマンもやってきましたね。ここにいられて本当にラッキーです。

トム・ヒドルストンは、以前にもインタビューで「未だにここにいられるということにはいつも驚かされる。ロキ役を演じ始めたときには予想だにしなかった」として、同役の高い人気についての率直な思いを明かしていた。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー。

(文:まだい)

Source: https://www.youtube.com/channel/UC2jXtsIZXdy6uAjEg1zyMYg 
http://comicbook.com/marvel/2018/01/19/thor-ragnarok-tom-hiddleston-loki-marvel-cinematic-universe/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly