Menu
(0)

Search

スパイダーマン、『ホームカミング』続編でマーベル・シネマティック・ユニバースを離脱?ソニーの新ユニバースへ移行か

映画『スパイダーマン:ホームカミング』の最新予告編が公開された、その直後に気になるニュースが入ってきた。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に参入したスパイダーマンが、『ホームカミング』続編をもってMCUから離脱する可能性があるというのだ。

米COSMIC BOOKNEWSは、『ホームカミング』のプロデューサーであるエイミー・パスカル氏の発言をこう報じている。

「(『スパイダーマン:ホームカミング』を製作して)素晴らしいと思ったのは、ひとつの映画を作るために一丸となるスタジオはそうそうない、ということです。実際、(『ホームカミング』の)続編を作ったあとは、もう二度とありえないかもしれません

ソニー、ディズニー、マーベルは正しい決断をしたと思います。ピーター・パーカーとスパイダーマンをMCUに参入させることを認めて、(ソニーは)マーベルと共に仕事をして、彼らに映画をプロデュースしてもらうことにしました。3つの会社がこうした決断をしたのは、本当に珍しいことで、とても素晴らしいことです。なぜならスパイダーマンのストーリーは、我々が何度も語ってきたように、その数がさほど多くないからです。それでも(3社の提携は)、別の方法では決して実現しなかったことでしょう。(参加した)すべての会社が賢明だった、非常に無欲だったのだと思います」

パスカル氏の発言によると、ソニーとマーベルの業務提携は、2019年7月公開予定の『スパイダーマン:ホームカミング』続編をもって終了となるようだ。スパイダーマンは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』への登場が判明しているほか、『アベンジャーズ』第4作にも登場すると思われる。しかし、スパイダーマンが『ホームカミング』続編をもってMCUから離脱する場合、それらは事実上、『シビル・ウォー』から3年間のゲスト出演だったということになるだろう。

ソニー発「スパイダーマン・ユニバース」へ移行か

すでにソニー・ピクチャーズは、自社による「スパイダーマン・ユニバース」構想を明かしている。その第一弾になるとみられるのが、劇場公開日が発表されたばかりのヴェノムだ。『ホームカミング』のジョン・ワッツ監督も、同作がMCUに無関係であることを改めて明言している。

「(『ヴェノム』は)マーベル・シネマティック・ユニバースとは繋がってないよ。(中略)オーバーラップもない。」

またソニーは『ヴェノム』と並行して、女性キャラクターのブラックキャットとシルバー・セーブルを主人公としたスピンオフ作品の製作を進めている。おそらく、この作品が「スパイダーマン・ユニバース」の第二弾となるのだろう。なおパスカル氏は、『ヴェノム』と「ブラックキャット&シルバー・セーブル」の両方にプロデューサーとして参加している。

ピーター・パーカー/スパイダーマンを演じるトム・ホランドは、現在のところ、こうしたスピンオフ作品への出演について「わからないんだ。脚本も読んでないし、コンセプト・アートも見てない」とコメントしている。しかしスパイダーマンがMCUを離脱する場合、肝心の主人公が「スパイダーマン・ユニバース」に移ってこないという展開はおおよそ考えづらい。

そもそもソニーとマーベルの業務提携は、2015年までソニー・ピクチャーズの共同会長だったパスカル氏の手で実現したものだ。しかしパスカル氏は、すでに映画プロデューサーとしての立場でしかなく、両社の提携続行についての決定権を持っていないと思われる。再交渉の余地はゼロではなさそうだが、米Colliderは、スパイダーマンを自在に扱いたいソニー側と、キャラクターによる利益を得たいマーベル&ディズニー側の再交渉は難しいと指摘した。

思えば、スパイダーマンのMCU参入が本格化する『ホームカミング』をプロモーションするというタイミングで、MCUに無関係である『ヴェノム』の情報が出てきた時点から、事態はやや奇妙であった。2019年7月の業務提携終了に向けて、ソニー・ピクチャーズは今から着々と準備を進めているということだろうか。

ともあれ、映画『スパイダーマン:ホームカミング』は2017年8月11日公開。もし本当にMCUを離脱するとしても、まだあと2年ある!

Sources: http://www.cosmicbooknews.com/spider-man-out-mcu-following-spider-man-homecoming-sequel
https://www.fandango.com/movie-news/exclusive-interview-spider-man-homecoming-director-jon-watts-on-easter-eggs-iron-man-john-hughes-and-more-752086
http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/spider-man-spin-venom-gets-a-release-date-986880
http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/spider-man-spinoff-thor-writer-tackling-silver-sable-black-cat-movie-988065
http://variety.com/2017/film/news/tom-holland-spiderman-homecoming-2-1202017512/
http://collider.com/spider-man-homecoming-2-mcu-marvel-sony/
Eyecatch Image: https://www.youtube.com/watch?v=DiTECkLZ8HM
(C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG. All Rights Reserved.

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly