Menu
(0)

Search

トム・クルーズが本気で宇宙に行く映画、『ミッション:インポッシブル』監督は「何も言えない」

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ジャパンプレミア トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヘンリー・カヴィル、クリストファー・マッカリー監督
©THE RIVER

アクションの限界に挑戦する俳優トム・クルーズと、NASAやイーロン・マスク率いるSpaceXがタッグを組み、宇宙で撮影を実施する“ガチ宇宙映画”について、『ミッション:インポッシブル』シリーズのクリストファー・マッカリー監督が口を開いた。

ポッドキャスト「Light The Fuse」に登場したマッカリーは、「トム・クルーズが宇宙に行く映画には関わっているんですか?」との問いかけに、あくまでも慎重に──本人いわく、記事のタイトルになってしまわないように──ためらいながらもこう述べている。

「僕が関わっているかって…? あの映画について僕が言えることは、本当に何もないですよ。」

肯定でもなく、否定でもないマッカリー監督の口ぶりに、ポッドキャストの出演者たちは「オーケー」「わかりました」と笑いながら応じている。マッカリー監督は「何も知りませんよ」と強調しつつ、トムの宇宙行きは「必然」だと言葉を重ねた。

マッカリー監督が実際に関与しているかどうかは定かでないが、“もしや関わっているのでは?”との視線が向けられるのはやむを得ないことだろう。『ワルキューレ』(2008)『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014)などの脚本を執筆したマッカリーは、『アウトロー』(2012)や『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(2015)『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)の監督を担当。『トップガン マーヴェリック』の脚本にも参加している。過激なアクションに挑み続けてきたキャリアにおいて、盟友のマッカリー監督はトムに伴走してきたのだ。

ちなみにトムと監督が再タッグを組む『ミッション:インポッシブル』第7作・第8作は、もともと“トムの宇宙行きもありうるのではないか”と一部で話題になっていた作品。しかしマッカリー監督は、「7作目と8作目はとんでもないことになっていますから。宇宙に行く必要はありませんよ」と話した。宇宙に行ってる場合じゃないくらいの任務とは、果たしてどういうことなのか。

映画『ミッション:インポッシブル』第7作は2021年11月19日、第8作は2022年11月4日に米国公開予定(ともにタイトル未定)。

あわせて読みたい

Source: Light The Fuse

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly