Menu
(0)

Search

『ミッション:インポッシブル』新作にルーサー役ヴィング・レイムスが続投決定

ミッション:インポッシブル/フォールアウト
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

トム・クルーズ主演の人気スパイ・アクションシリーズ最新作ミッション:インポッシブル続編2部作(第7作・第8作)に、一流ハッカー、ルーサー・スティッケル役のヴィング・レイムスが復帰することがわかった。監督を務めるクリストファー・マッカリーが正式に認めている。

マッカリー監督は、ベンジー役のサイモン・ペッグ、新キャストのヘイリー・アトウェルらと共にポッドキャスト番組Light The Fuseに登場。インタビュアーは同番組の放送100回記念を理由に、マッカリー監督にまだ正式発表されていない出演者の情報を嘆願すると、監督はルーサー役のヴィングらの続投を明かしたのだ。

そのほか監督は、イルサ役レベッカ・ファーガソンや、シリーズ第1作に登場したユージーン・キトリッジ役ヘンリー・ツェニー、前作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)より登場したホワイト・ウィドウ役のヴァネッサ・カービーの出演も認めた。出演者以外にも、『フォールアウト』より参加した作曲家のローン・バルフも続投するそうだ。なお、シリーズ第4作・5作で活躍を見せた分析官ウィリアム・ブラント役のジェレミー・レナーの復帰については言及されていない。

マッカリー監督は、今後新たなキャストが発表されることも示唆している。「まだ公式にアナウンスされていない出演者がまだもう1人いる」と監督。いわく、ヘイリーら一部のキャストにも同人物の正体は明かされていないという。同人物がこれまでのシリーズ出演者なのか、あるいは初登場となる新キャストなのかは不明だ。

ヴィングやサイモンら常連キャストに加えて、新たな作品の度にユニークかつ重要な役割を果たす新キャラクターが登場するのも本シリーズの見どころの1つといえる。まだ未発表のキャストがいるということで、今後の動向に注目したいところだ。ほか、『X-MEN』シリーズのニコラス・ホルトが悪役を演じるとされている

映画『ミッション:インポッシブル』第7作は2021年11月19日、第8作は2022年11月4日に米国公開予定(ともにタイトル未定)。

Source: Light The Fuse

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly