Menu
(0)

Search

『ミッション:インポッシブル』新作にルーサー役ヴィング・レイムスが続投決定

ミッション:インポッシブル/フォールアウト
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

トム・クルーズ主演の人気スパイ・アクションシリーズ最新作ミッション:インポッシブル続編2部作(第7作・第8作)に、一流ハッカー、ルーサー・スティッケル役のヴィング・レイムスが復帰することがわかった。監督を務めるクリストファー・マッカリーが正式に認めている。

マッカリー監督は、ベンジー役のサイモン・ペッグ、新キャストのヘイリー・アトウェルらと共にポッドキャスト番組Light The Fuseに登場。インタビュアーは同番組の放送100回記念を理由に、マッカリー監督にまだ正式発表されていない出演者の情報を嘆願すると、監督はルーサー役のヴィングらの続投を明かしたのだ。

そのほか監督は、イルサ役レベッカ・ファーガソンや、シリーズ第1作に登場したユージーン・キトリッジ役ヘンリー・ツェニー、前作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)より登場したホワイト・ウィドウ役のヴァネッサ・カービーの出演も認めた。出演者以外にも、『フォールアウト』より参加した作曲家のローン・バルフも続投するそうだ。なお、シリーズ第4作・5作で活躍を見せた分析官ウィリアム・ブラント役のジェレミー・レナーの復帰については言及されていない。

マッカリー監督は、今後新たなキャストが発表されることも示唆している。「まだ公式にアナウンスされていない出演者がまだもう1人いる」と監督。いわく、ヘイリーら一部のキャストにも同人物の正体は明かされていないという。同人物がこれまでのシリーズ出演者なのか、あるいは初登場となる新キャストなのかは不明だ。

ヴィングやサイモンら常連キャストに加えて、新たな作品の度にユニークかつ重要な役割を果たす新キャラクターが登場するのも本シリーズの見どころの1つといえる。まだ未発表のキャストがいるということで、今後の動向に注目したいところだ。ほか、『X-MEN』シリーズのニコラス・ホルトが悪役を演じるとされている

映画『ミッション:インポッシブル』第7作は2021年11月19日、第8作は2022年11月4日に米国公開予定(ともにタイトル未定)。

Source: Light The Fuse

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly