Menu
(0)

Search

『トップガン マーヴェリック』延期はトム・クルーズ世界ツアー希望のため ─ 来日なるか

トップガン マーヴェリック
(C) 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

トム・クルーズ主演『トップガン マーヴェリック』の米公開が2021年7月2日から11月19日へ延期となった。この背景には、同作でワールドツアーを望むトム・クルーズの意向があったと、米The Hollywood Reporterが伝えている。

『トップガン マーヴェリック』のようなハリウッドの大作映画では、キャストや製作陣が世界各国を周る大々的なプロモーション・ツアーが恒例だが、新型コロナウイルスの影響下では「バーチャルツアー」に置き換えられた。会場に入れずとも、モニター越しにスターの姿を見られるのは嬉しいが、やはりスターがレッドカーペットやステージに直接やってきたり、メディアの取材に次々応えてあちこちに露出されるというのが、ツアーの醍醐味だ。

どうやらトム・クルーズは、こうした直接のツアーの再開を、『トップガン マーヴェリック』で望んでいる様子。興味深いことにThe Hollywood Repoterは、情報筋からの話として「トム・クルーズは同作の公開前にワールドツアーの敢行を望んでいるが、それは現在再びロックダウンとなったヨーロッパの大部分や、おそらく日本では不可能だろう」と、ピンポイントで日本を含めて伝えている。

なぜ日本が指名されているのかはハッキリしないが、仮に11月の公開時に来日が叶えば、トム・クルーズは新型コロナウイルス後はじめて日本にやってくるハリウッド・スターということになりそうだ(夏公開の大作映画もあるが、政府が東京オリンピックの海外客の受け入れを断念していることからも、この時期の実現は難しいだろう)。トムは2018年7月に『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』で来日していたから、およそ3年ぶりということになる。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ジャパンプレミア トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヘンリー・カヴィル、クリストファー・マッカリー監督
©THE RIVER

国内でのハリウッド大作映画の来日イベントとしては、キャストや監督が揃って来日したものとしては2019年12月の『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019)や2020年1月の『キャッツ』(2020)が最後。あこがれのスターがステージ上で「ハロー、ジャパン!」と叫ぶ姿が恋しい。

あわせて読みたい

Source:The Hollywood Reporter

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly