リブート版『トゥームレイダー』予告編&メイキング映像、米国にて解禁!壮絶アクションとその裏側に注目!

人気ゲームを原作とした、リブート版映画『トゥームレイダー(原題:Tomb Raider)』の予告編&メイキング映像が米国にて公開された。本作は2018年3月に米国公開予定だ。
2001, 2003年にはアンジェリーナ・ジョリーが演じたヒロイン、ララ・クロフト役を新たに務めるのは『エクス・マキナ』(2015)などで注目される新鋭女優アリシア・ヴィキャンデル。予告編では彼女が体当たりで挑んだ壮絶アクションを、またメイキング映像では彼女が文字通りに走り、飛び、泳いでいる撮影現場の様子を見ることができる。

2018年版『トゥームレイダー』は、2013年に設定を一新してリリースされたゲーム版『トゥームレイダー』を原作としている。女性冒険家のララ・クロフトが、その活躍を見せるまでの“オリジン・ストーリー”が描かれるストーリーになるようだ。

ララ・クロフト(アリシア・ヴィキャンデル)は、父親のリチャード・クロフト(ドミニク・ウェスト)が遺したパズルを解き、父の隠し部屋へと足を踏み入れる。そこでララが見たのは、生前の父親が自分に語りかけるビデオメッセージだった。
ある遺跡の存在、そして世界が危機にさらされていることを知ったララは、地図の場所を目指して船に乗り、大海原へと出発する。しかし突然の嵐が船を襲い、海へと投げ出された彼女はある島へと流れ着いた。そこでマティアス・ヴォーゲル(ウォルトン・ゴギンズ)に出会ったララは、少しずつ島の謎へと迫っていき……。

先日公開された速報映像でその一端を見ることができたように、アクションゲームの映画化たる本作には、やはり目を見張るようなアクションシーンがたくさん詰まっているようだ。嵐の船や開発されていない島、遺跡の内部など、あらゆる舞台で展開するララの奮戦に期待したい。

なお本予告編と同時に公開されているメイキング映像“Becoming Lara Croft”では、アリシア・ヴィキャンデルをはじめとした出演者やスタッフのインタビューのほか、撮影現場でアリシアが過酷なアクションに挑戦する様子、さらにトレーニング風景もたっぷりと収められている。予告編には登場していない場面もたくさんあるので、こちらもぜひお見逃しのないように!

本作『トゥームレイダー』で監督を務めるのは、ノルウェー製ディザスター映画『THE WAVE/ザ・ウェイブ』(2015)を手がけたローアル・ユートハウグ。脚本はマーベル・シネマティック・ユニバース作品『キャプテン・マーベル(原題:Captain Marvel)』(2019年公開)も執筆するジェネバ・ロバートソン=ドゥウォレットが担当している。

映画『トゥームレイダー』は2018年3月に米国公開予定。

Sources: https://www.youtube.com/watch?v=8ndhidEmUbI
https://www.youtube.com/watch?v=oWXq7mKcx5s
Eyecatch Image: https://www.youtube.com/watch?v=8ndhidEmUbI 動画サムネイル

About the author

1989年生まれ。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはわかりづらいまま、少しだけわかりやすくしてお届けできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。