『トップガン2』トム・クルーズ骨折も2018年1, 2月撮影開始へ!新脚本家による再執筆も

1986年の映画『トップガン』の続編、『トップガン2(仮題)』の撮影が2018年1, 2月よりスタートする見込みであることがわかった。ドイツの映画情報サイトFILMSTARTSの取材に対して、プロデューサーを務めるジェリー・ブラッカイマーが語っている。

2017年8月13日(現地時間)、本作に出演するトム・クルーズが『ミッション:インポッシブル6(仮題)』の撮影中に足首を骨折。同作の撮影は3ヶ月中断されると報じられており、大幅なスケジュールの再構築は避けられないとみられていた。『トップガン2』が予定通りに製作されるかどうかは不透明な状況だったのだ。

『トップガン2』は順調に進行中?新脚本家も起用


前作『トップガン』につづき続編のプロデュースも手がけるジェリー・ブラッカイマーは、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』ブルーレイ&DVDをプロモーションするためドイツを訪れていた。
FILMSTARTSのインタビューで、トムの負傷によって『トップガン2』のスケジュールが変更されることはないのかと尋ねられた彼は「それはないと思います」と応じている。同サイトは、トムが『ミッション:インポッシブル6』の撮影を12月に再開、『トップガン2』の撮影を2018年1, 2月に開始すると記した。

続編でトムは、前作と同じくピート・ミッチェル/マーベリック役を演じる。本作では若いパイロットを鍛える教官としての役回りになるようだが、本編でどれほどの出番と活躍が予定されているのかはわからない。

またFILMSTARTSによると、『トップガン2』には新脚本家として『アメリカン・ハッスル』(2013)のエリック・ウォーレン・シンガーが起用されているという。
これまで脚本家チームには、『ハンガー・ゲーム THE FINAL』2部作(2014, 2015)のピーター・クレイグ、実写版『ジャングル・ブック』(2016)のジャスティン・マークス、『マイティ・ソー』『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(ともに2011年)のアシュリー・ミラー&ザック・ステンツの名前が報じられてきた。おそらく現在はエリックがリライトを進行しているということだろう。なお監督は『オブリビオン』(2013)のジョセフ・コシンスキーが務める。

映画『トップガン2(仮題)』は2019年7月12日に米国公開予定

Sources:?http://www.filmstarts.de/nachrichten/18514290.html
http://www.slashfilm.com/top-gun-2-writer-production-start/
Eyecatch Image: Tom Cruise speaking at the 2013 San Diego Comic Con International, for “Edge of Tomorrow”, at the San Diego Convention Center in San Diego, California. / Gage Skidmore ( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/9357416526 )

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。