Menu
(0)

Search

トム・クルーズ横浜に花火打ち上げ『トップガン マーヴェリック』ジャパンプレミア写真レポート

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ来日 ジャパンプレミア 撮影写真
©︎THE RIVER

映画スター、トム・クルーズが横浜にやってきた。『トップガン』36年ぶりの新作トップガン マーヴェリックのジャパンプレミア レッドカーペットイベントが2022年5月24日、横浜港大さん橋・国際客船ターミナルで実施された。トム・クルーズは、『トップガン』1作目と本作の製作を手掛けた伝説的映画プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーと共に登場した。(記事最後に写真ギャラリーあり)

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ来日 ジャパンプレミア 撮影写真
©︎THE RIVER

前日23日には都内で記者会見に出席したトムとジェリー。コロナ禍後初となる映画の大規模な来日イベントとなる機会に、多くのマスコミとファンが集まった。

横浜港のパノラマビューが広がる爽快な背景が広がった会場。この日は雲ひとつない快晴となった。レッドカーペットは全長93メートル、観客数は400名。

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ来日 ジャパンプレミア 撮影写真
©︎THE RIVER
映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ来日 ジャパンプレミア 撮影写真
©︎THE RIVER

この日のイベントは新型コロナウイルス感染対策のため、握手やサインなど、身体的接触のある行為は禁止。レッドカーペットイベントの醍醐味であるサインが封じられた形となったが、観覧客の写真撮影は許可された。サインがない分、トムは従来よりも時間をかけて、ファンの一人一人との「対話」を重ねた。トムを至近距離で迎えたファンは続々と目に涙を浮かべ、中には想いを伝えられたことに感激して泣き崩れる姿もあった。

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ来日 ジャパンプレミア 撮影写真
©︎THE RIVER
映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ来日 ジャパンプレミア 撮影写真
©︎THE RIVER
映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ来日 ジャパンプレミア 撮影写真
©︎THE RIVER

トムはファンの言葉に熱心を傾け、気さくに写真撮影に応じた。ファンから求められて、手や指でハートマーク(きゅんのポーズなど)を作るなど、サービス精神溢れるファン対応を続けた。続いてプロデューサーのジェリー・ブラッカイマーが登場すると、ファンに拍手で出迎えられた。

なお、レッドカーペットの隅ではトム・クルーズの吹替声優である森川智之と、トムの専属通訳であった戸田奈津子が様子を見守りながら談笑する姿も見られた。戸田は、この度の来日記者会見では通訳担当を交代していることが一部で話題となっていた。この日のイベントでは、「元気ですよ!」とマスコミ陣に笑顔を見せた。

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ来日 ジャパンプレミア 撮影写真
©︎THE RIVER

トムとジェリーは日が暮れるまでファン対応を行った後、会場後方のステージへと登壇。トムは「みなさん、会いたかったです!(今見ている景色が)ただただ素晴らしい。ありがとう」とメッセージを送り、ジェリーも「日本に戻ってこられて興奮しています。(公開までに)時間がかかりすぎましたね」とコメントした。

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ来日 ジャパンプレミア 撮影写真
©︎THE RIVER
映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ来日 ジャパンプレミア 撮影写真
©︎THE RIVER

トムは日本中のファンに対して、「ついに『トップガン マーヴェリック』をお届けできて嬉しいです。皆さんのために作った特別な映画です。映画を楽しんで、素敵な夏をお過ごしくださいね」と語った後、「今日、ここに来られなかった方も心配しないで。来年の夏は『ミッション:インポッシブル/デッド・レコニング(原題)』で戻ってきますから」と、2023年夏の来日予定をさらりと明かした。

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ来日 ジャパンプレミア 撮影写真
©︎THE RIVER

この夜は、会場のファンのカウントダウンと同時に、盛大に花火が上がるというサプライズも。実はこの花火、トム・クルーズが寄贈したものだという。(ちなみにトムは、ファンとカウントダウンを始める前に、司会のハリー杉山に「花火はどこから上がるの?(Where is the fireworks going to be?)」と尋ねたため、チラッとネタバレする事態にもなった)。

快晴の夜空に次々と上がる花火に、観覧客もうっとり。トム・クルーズが贈った色とりどりの満開の花火が、横浜の夜空を彩った。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly