Menu
(0)

Search

『トップガン マーヴェリック』ルースター役、続編『トップガン:ルースター』を希望 ─ 「提案し続けている」

トップガン マーヴェリック
(C) 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

『トップガン』(1986)36年ぶりの続編『トップガン マーヴェリック』が遂に公開を迎えた。トム・クルーズと新世代の交流が描かれる本作だが、更なる続編製作の可能性に関する話題もさっそく盛り上がっている。

『トップガン マーヴェリック』に出演したとある新キャストも、『トップガン マーヴェリック』の続編を望んでいるひとり。劇中ではマーヴェリックと対立するブラッドリー・“ルースター”・ブラッドショウを演じたマイルズ・テラーだ。

テラーは、続編のアイデアについて「僕は『トップガン:ルースター』を作ろうとしているんです」と米Screenrantに語っている。アイデアとはどうやらルースターを主人公とした物語のようで、テラーによると「提案し続けている」という。製作陣やトムにもすでに話が通っている可能性もあるが、テラーは「どうなるかは分からないですけど」とも語り、アイデアがあくまで非公式のものであることを強調する。

それでも「面白そうじゃないですか」とルースター単独作に自信を見せるテラーは、その根拠として『トップガン マーヴェリック』製作の経緯を例に挙げる。「1作目のすぐ後、トムはみんなから続編を作ってとお願いされていたでしょう。この作品は、(当時の声の)完璧な埋め合わせじゃないですか」。『トップガン:ルースター』でルースターのその後をじっくり描きたいというテラーの気概がうかがえるが、現実的に見て製作は可能だろうか。

実はプロデューサーのジェリー・ブラッカイマーが、続編の可能性についてTHE RIVERとの取材で言及している。ブラッカイマーいわく「本作次第」、つまり『トップガン マーヴェリック』のパフォーマンスによって今後の方向性が決まってくるということだ。ブラッカイマーが「そのことは後日話し合います」と話しているように、テラーのアイデアが実を結ぶ可能性は大いにある。

あわせて読みたい

Source: Screenrant

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly