Menu
(0)

Search

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』監督、『トップガン2』脚本再執筆に参加 ― トム・クルーズとタッグ10作目

ミッション:インポッシブル/フォールアウト
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

トム・クルーズ主演、映画『トップガン』(1986)の続編『トップガン2(仮題)』に、脚本家・映画監督のクリストファー・マッカリーが新たに加わったことがわかった。クリストファーは『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)や『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(2015)で脚本・監督を務めるなど、トムからの信頼が厚い人物のひとりだ。

『トップガン2』にマッカリーが参加しているとの情報は、英Empireのインタビューでトムが明かしたもの。『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』がタッグ9作目で、『トップガン2』が記念すべき10作目になるという。『ローグ・ネイション』以前、クリストファーはトムの主演映画『ワルキューレ』(2008)や『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014)などで脚本を担当してきたのだ。

トムの発言から、『トップガン2』にてクリストファーがどのような職務を担当しているのかを判断することはできない。ただし米Colliderなどが伝えるところによれば、クリストファーは脚本のリライトに携わり、作業の大部分はすでに終了しているという。これまで本作の脚本は、『ホース・ソルジャー』(2018)のピーター・クレイグ、実写版『ジャングル・ブック』(2016)のジャスティン・マークス、『オンリー・ザ・ブレイブ』(2017)のエリック・ウォーレン・シンガーが執筆した。

 ミッション:インポッシブル/フォールアウト
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』より © 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

なお『トップガン2』は、当初2019年7月12日の米国公開が予定されており、撮影は2018年6月に開始されている。しかし米パラマウント・ピクチャーズ&スカイダンス・プロダクションズは、“製作期間の確保によって複雑なフライト・シーンを実現し、映画のクオリティアップを目指す”として米国公開日を2020年6月26日に延期。製作の現状は不明だが、どこかのタイミングで脚本のリライトが行われ、クリストファーが途中参加したとみられる。今後の撮影にクリストファーがどこまで携わるのかはわかっていない。

本作にはマーベリック役のトム・クルーズ、アイスマン役のヴァル・キルマーが前作から続投。新キャストとして、前作で死亡したマーヴェリックの親友グースの息子役を『セッション』(2014)や『オンリー・ザ・ブレイブ』のマイルズ・テラーが演じるほか、『レクイエム・フォー・ドリーム』(2000)や『ビューティフル・マインド』(2001)のジェニファー・コネリー、『ベイビー・ドライバー』(2017)のジョン・ハム、ドラマ「ウエストワールド」(2016-)などの名優エド・ハリスらが出演する。『ドリーム』(2017)のグレン・パウエルも出演交渉に入ったと伝えられた。

映画『トップガン2(仮題)』は2020年6月26日に米国公開予定。監督は『オンリー・ザ・ブレイブ』のジョセフ・コシンスキー、音楽は名匠ハンス・ジマーと前作のハロルド・フォルターメイヤーが務める。

また、映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』Blu-ray&DVDは2018年12月19日(金)リリース

Sources: Empire, Collider, /Film

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly