Menu
(0)

Search

『トイ・ストーリー4』脚本、大部分を書き直しか ─ ウッディのロマンスのお相手ボー・ピープ役声優「次は大役」

トイ・ストーリー

2019年6月21日に全米公開予定を控えるトイ・ストーリー4は現在、大幅な脚本の書き直し段階にあるという。同シリーズで羊飼いの人形、ボー・ピープの声優を務めるアニー・ポッツがRadioTimes.comのインタビューにて、制作状況のアップデートを伝えた。

「(『トイ・ストーリー4』は)もともと今年(2018年)公開の予定ではあったんですけれど、脚本の4分の3を書き直すことになったんです。通常、着手から完了までは2年かかる。でも今作はほとんどをボツにしてもう一度書き直しているから、私の仕事も少し伸びています。」

『トイ・ストーリー4』をめぐっては、2017年7月にピクサー創業者であり同作監督のジョン・ラセターが突然の降板。その後11月には同氏にセクハラ問題が発覚し、同時期に脚本のラシダ・ジョーンズ氏とウィル・マコーマック氏が降板していたことも明らかになった。

紆余曲折ある同作だが、アニーは「ピクサーの皆さんは、面白い方ばかり」と笑顔。「皆さん時間をかけて、骨の折れる仕事をやられています。仕事が気に入らなかれば、もう一度やりなおそうという姿勢で。自由なクリエイティブで挑まれていますね。」

ところでアニー演じるボー・ピープは、『トイ・ストーリー』(1995)『トイ・ストーリー2』(1999)でウッディとのロマンスをにおわせる重要なキャラクターでありながら、『トイ・ストーリー3』(2010)には登場しなかった。劇中でウッディはボー・ピープについて「新しいお家に行った」として、アンディに手放されたことを示唆していたのだ。

この時声がかからなかったアニーは、「ちょっと傷ついちゃった」と心の内を明かしながら、「でも、ジョン(・ラセター)が、私は『トイ・ストーリー4』で助けられるんだよって理由をお話ししてくれて」と語る。『トイ・ストーリー4』は、ボー・ピープの行方をウッディが捜索する冒険ラブストーリーになるとされており、アニーは「次は大役ですって!興奮しちゃう!」と続けている。

『トイ・ストーリー4』は、ジョン・ラセターと共同監督を務めていたジョシュ・クーリーが単独で引き継ぎ、2019年6月21日全米公開予定。

Source:RadioTimes

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly