Menu
(0)

Search

『スター・トレック』現実に? ─ トラクター・ビームの開発が前進、音波の渦で物体を浮遊

©University of Bristol

スター・トレック』に登場するトラクター・ビームのように、物体を特定の空間上に浮遊状態で固定させたり移動させる未来技術が、実現に近づいている。Newsweekなどが伝えている。

イギリスのブリストル大学の研究者らは、小さな物体がまるでピタリと静止したように空中に浮かべて見せる。仕組みは、「ミニ・トルネード」と呼ばれる極めて強力な音波の渦だ。現在では直径2cmのポリエステルの物体のみでの成功だが、「将来的には音響出力を上げ、もっと大きな物体も固定できるようになる」とミハイ・カリープ教授。「これまでは、もっと弱いピッチだったために音響が聞き取れてしまい、人間には危険と考えられていた」と語るように、最新の研究では人間には聞き取れない4万ヘルツの超音波を用いる。

トラクター・ビーム現実化の研究はかねてより進められてきた。初期の装置では、物体のサイズを大きくすると安定が得られず、「ミニ・トルネード」によって高速回転し、弾き飛ばされてしまった。「音波研究者は長年、物体のサイズ限度に挫折してきた」と語るのは、研究者のアシアー・マルゾ氏。最新の研究では、右回転と左回転の「音波の渦」を織り交ぜることで物体の空中固定に成功、装置をいくら傾けても全く動かぬほどの安定性を生み出している。渦の直径が広がったことで、固定できる物体のサイズ限度も広がった。アシアー氏は「解決策が見つかって満足」と語る。

©University of Bristol

「音響トラクタービームは様々な応用が効く」──このプロジェクトの監督を務める機械工学科のブルース・ドリンクウォーター教授は、「デリケートな物体が並ぶ、非接触式生産ラインも作ることができる」というアイデアに興奮を覚えるという。

研究では、既に装置上で物体を上下左右に動かしてみせることも可能になっている。『スター・トレック』のトラクター・ビームや昔ながらのSF映画におけるUFOのように、離れた物体を吸い上げるように持ち上げたり引き寄せる技術が、近い将来に実現するかもしれない。

Source:http://www.newsweek.com/physics-breakthrough-sound-tornado-acoustic-tractor-beam-levitate-humans-786695

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly