Menu
(0)

Search

「スター・トレック」ピカード艦長の新ドラマは「10時間の映画」 ─ 現代的なテーマも取り入れる

パトリック・スチュワート
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/9360375657/

「新スタートレック」(1987-1994)のジャン=リュック・ピカード艦長を主人公とするスター・トレック」新作ドラマシリーズ(タイトル未定)について、主演のパトリック・スチュワートが米Yahoo! Entertainmentのインタビューに応じた。

ピカードの最後の出番となった映画『ネメシス/S.T.X』(2002)以降を描く新シリーズについて、パトリックは「10時間の映画が執筆されていますよ」と発言。「スター・トレック:ディスカバリー」(2017-)なども手がけるエグゼクティブ・プロデューサーのアレックス・カーツマン氏は、ピカードの物語を1話完結型ではなく、全10話構成によるひとつのストーリーとして構想しているようだ。

パトリックは本作に「素晴らしい物語ですよ」と断言しつつも、「気をつけないとな、間違ったことを言っちゃうと酷い目に遭うから…」と言葉を濁した。そして、あくまで具体的な内容については明言を避けながら、「現代の出来事にも言及している内容です。言えるのはこれだけ」と話している。おそらく物語には、現代の世界/社会が抱えるテーマが反映されているのだろう。ちなみにパトリックは、こう言い添えるのも忘れていない。「あっ、現代が舞台だって意味じゃないですよ!」

これまでアレックス氏ら関係者が語ってきたところによると、この新シリーズでは、ピカードの人生に大きな変化が生じていることが明らかになるという。映画『スター・トレック』(2009)でレナード・ニモイ演じるスポックが明かしていたように、ピカードと縁深かった惑星ロミュラスは破壊されてしまった。その事件がピカードに影響を及ぼし、すでにピカードは宇宙艦隊を去っているというのだ。

「新スター・トレック」シーズン7の最終エピソード「永遠への旅(All Good Things…)」には、ひげを生やした老ピカードが登場していた。しかし現在では、いわばパトリック本人が当時の老ピカードの年齢に追いついたような状況だ。それゆえピカードを再演することへの心配は少ないというが、それでも自身の人生を変えたピカード役を再び引き受けるのは「難しい決断だった」そう。これまでピカード役のオファーをすべて断ってきたパトリックは、今回も出演を断るためにプロデューサーたちと面会したというのだ。しかし、そこで受けた提案が「今までと違った」こと、提出されたアイデアに惹きつけられたことが出演に繋がったという。

今では自ら脚本家チームの作業に加わるなどやる気満々のパトリックは、今回のインタビューでも「(新シリーズが)1シーズンかぎりにならないことを願っています」と話している。複数シーズンの製作が検討されていることはすでに伝えられているが、早くもパトリックには、今後もピカード役を演じていくというイメージが湧いているのかもしれない。

パトリック・スチュワート主演、「スター・トレック」新作ドラマシリーズ(タイトル未定)は2019年終盤に米国にて配信予定。

Source: Yahoo!

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly