Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』レイア・オーガナ、キャリー・フィッシャーの娘が演じたシーンがあった

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
(C) 2019 and TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

この記事には、映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のネタバレが含まれています。すでに作品を鑑賞された方向けの内容となりますのでご注意下さい。なお、このページをSNSにてシェア頂く際は、記事内容に触れないようお願い致します。

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
(C) 2019 and TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

若き日のレイア、キャリーの実娘も演じていた

レイア役のキャリー・フィッシャーは、前作『最後のジェダイ』(2017)の撮影後である2016年12月に逝去した。これを受けてJ・Jは、レイアの代役を立てるのでも、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)のターキン役ピーター・カッシングのようにキャリーの姿をCGで造形するのでもなく、『フォースの覚醒』当時の映像によって、キャリー本人の姿を登場させることを決定している。

しかし、唯一の例外があった。キャリーの娘で女優のビリー・ロードが、とあるシーンにてレイアを演じていたのだ。物語の中盤、惑星オク=トーにて、ルーク・スカイウォーカーの霊体がレイアのライトセーバーをレイに託すシーンに差し挟まれる、若き日のルークとレイアが修行に励む回想シーンがそれだ。

視覚効果スーパーバイザーのパトリック・タバック氏が米Yahoo!に語ったところによると、若き日のルークを演じたのはマーク・ハミル本人。CGによる“デジタル若返り”で、オリジナル3部作当時の姿が復元された。その撮影現場で、若き日のレイアとしてマークと共演したのがビリーだったのだ。このシーンを撮影するという時になって、J・Jは、ビリーにレイア役を演じてもらうと決断したという。

「ビリーは自分の母親を演じたのです。心を打たれましたね、誰も軽く受け止めてはいなかったと思います。彼女は、母親の代役を快く引き受けてくれました。彼女がその役目を担うところは誰にとっても感動的でしたし、それは(CGチームの)僕たちにとっても素晴らしいことでしたね。誰かにレイアを演じてもらうとしたら、(ビリーこそが)最高でしょう。2人は似ているところが多いので、そこを活かすことができました。あのシーンに合うレイアの映像を作るのは本当に大変だったんですよ。」

また、この回想シーンには『エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)のアーカイブ映像も使用されているJ・J・エイブラムスとクリス・テリオは、レイアの登場シーンを検討する際、ルーカスフィルムの全アーカイブを参照。その結果、『ジェダイの帰還』当時のキャリーの姿が新規映像に合成されたのである。これによって、ビリーがレイアを演じた映像は、映画本編にはごくわずかにしか残っていないようだ。

それでも本作において、若き日のレイア・オーガナが、かつてのキャリー・フィッシャーと、その娘ビリー・ロードの“2人1役”で演じられたことはまぎれもない事実。なお奇跡的なことに、『ジェダイの帰還』撮影当時のキャリーと『スカイウォーカーの夜明け』撮影当時のビリーはともに26歳。同い年のキャリーとビリーが、レイアというキャラクターを今に甦らせたのだ。

タバック氏の「本当に大変だった」という言葉に同意するのは、同じく視覚効果スーパーバイザーのロジャー・ガイエット氏だ。『ジェダイの帰還』のアーカイブ映像を使用するという制約から、回想シーンの長さには限界があったとのこと。「ご覧いただいたものが、作ったもののすべてです」とガイエット氏は述べている。

ちなみにガイエット氏によれば、『フォースの覚醒』『ジェダイの帰還』のアーカイブ映像によるレイアの登場シーンも、キャリーの顔以外はデジタル処理が施されているとのこと。「未使用映像から彼女の表情を取り出して、その周りにデジタル・キャリーを作っています。新しい衣裳、新しい髪形、新しいジュエリー。過去のショットを単純に編集で挿入したようにはしたくない、この映画だけの彼女にしたいと思いました」。この方針は、もともとJ・Jが強く求めたものだったという。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は2019年12月20日(金)より公開中

Sources: Yahoo, The Hollywood Reporter

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。外部寄稿に『TENET テネット』『ジョーカー』『シャザム!』『ポラロイド』劇場用プログラム寄稿など。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly