Menu
(0)

Search

『TENET テネット』ジョン・デヴィッド・ワシントン、『ローグ・ワン』ギャレス・エドワーズ監督と初タッグ

ジョン・デヴィッド・ワシントン ギャレス・エドワーズ
Margaret Gardiner (CC BY 3.0) https://www.youtube.com/watch?v=1QbqdKpypmI | Dick Thomas Johnson https://www.flickr.com/photos/31029865@N06/35758390786/ | Remixed by THE RIVER

『TENET テネット』(2020)のジョン・デヴィッド・ワシントンが、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)のギャレス・エドワーズ監督による次回作『True Love(原題)』に出演することがわかった。米Deadlineが報じている。

『True Love』は近未来を舞台としたSF映画で、ギャレスが脚本・監督・製作を兼任。『ローグ・ワン』『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)のプロデューサーであるキリ・ハートがプロデューサーを務め、製作は『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)『アド・アストラ』(2019)の米New Regencyが担当する。

本作の企画は2020年2月に報じられ、同年夏の撮影予定と報じられていたが、新型コロナウイルスの感染拡大による映画業界の一時停止もあってか、1年以上にわたって続報が届いていなかった。ジョンは本作に先がけ、クリスチャン・ベール&マーゴット・ロビーら豪華キャストが出演する『Canterbury Glass(原題)』の撮影を終了済み。同作もNew Regency作品だったため、ジョンとは『True Love』で引き続きの顔合わせとなる。

『ブラック・クランズマン』(2018)で注目を浴びたジョン・デヴィッド・ワシントンは、クリストファー・ノーラン監督作『TENET テネット』で知名度を世界的に高め、コロナ禍で撮影されたNetflix映画『マルコム&マリー』(2021)でゼンデイヤと共演。今後、Netflixでは、2018年の出演作が待望の世界公開となる『モンスター: その瞳の奥に』が5月7日に、アリシア・ヴィキャンデルと共演したスリラー映画『ベケット(原題:Beckett)』が8月27日に配信開始となる。

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly