Menu
(0)

Search

レア・セドゥ主演最新作『The Story of My Wife』米予告編 ─『心と身体』監督、カンヌ国際映画祭出品作

https://youtu.be/Ph7UD5xwt-g

『アデル、ブルーは熱い色』(2013)や『たかが世界の終わり』(2016)、『007』シリーズなどのレア・セドゥ主演による新作映画『The Story of My Wife(原題)』より米国版予告編が公開された。『私の20世紀』(1989)『心と身体』などで知られる鬼才、イルディコー・​エニェディ監督初の英語作品だ。​

『The Story of My Wife』は、ミラン・フストによる同名小説が原作。船長のジェイコブ(ハイス・ナバー)は、カフェに最初に入ってきた女性と結婚するという賭けを友人とすることになる。そこにリジー(レア・セドゥ)というひとりの美しい女性が入ってくるという筋書きだ。出演者にはレア・セドゥとハイス・ナバーのほか、『グッバイ・ゴダール!』(2017)などのルイ・ガレルらが名を連れている。

このたび公開された予告編の冒頭では、ジェイコブが友人との約束通り、リジーに声をかけるところが捉えられている。リジーもまたジェイコブに惹かれ、ふたりは愛を深めていく。ところが、幸せな雰囲気は早くも一転。リジーとのデート中、ジェイコブはウェイター(ルイ・ガレル)と思わしくない雰囲気になってしまう。どうやらウェイターはリジーに惹かれている男らしい。「彼のこと嫌いでしょ」「君のことが好きな人を好きになれというのか?」。やがてジェイコブはミステリアスなリジーに翻弄されていく。

ミステリアスなストーリーに息を呑むような映像美を放つ本作は、カンヌ国際映画祭(2021年7月6日〜17日開催)、コンペティション部門にて初お披露目を迎える。イルディコー監督による『心と身体』は、ベルリン国際映画祭にて金熊賞に輝いた。ベルリン国際映画祭につづいて、カンヌ国際映画祭でも最高賞受賞なるか……。

あわせて読みたい

Source: Variety

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly