Menu
(0)

Search

「ウォーキング・デッド」ミショーン、リック・グライムズ主人公の映画版で復帰か ─ 「どう去ったかに注目して」

ダナイ・グリラ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/35852208300/ Remixed by THE RIVER

ドラマ「ウォーキング・デッド」(2010-)から派生する、アンドリュー・リンカーン演じるリック・グライムズが主人公の映画版『ウォーキング・デッド(仮題)』に、シーズン10で物語を去ったダナイ・グリラ演じるミショーンが再登場する可能性が高まってきた。チーフ・コンテンツ・オフィサーのスコット・M・ギンプルが米ComicBook.comにて語った。

映画版『ウォーキング・デッド』は、シーズン9をもって同じく出番を終えたリックの“その後”を描く3部作で、第1作はシーズン9の数年後が舞台となる予定。「今も映画の作業は続いています」と話したギンプルは、「もうミショーンの出番は終わりなのでしょうか?」との質問に「そうは思いません」と応答。「どなたかにもお話ししたことなんですが、ミショーンがどのようにいなくなったかというところに注目してください」

ギンプル氏は2020年10月にも、ミショーンの「ウォーキング・デッド」復帰を認めていたが、今回のコメントは映画での再登場をほのめかすもの。ミショーンはシーズン10で、生死不明のリックが生き延びている可能性を知ったあと、集団からはぐれたというエイダン(演:ブリーダ・ウール)、ベイリー(演:アンドリュー・バチェラー)と遭遇し、そのまま姿を消している。これについて、ギンプル氏は「何かが起きています」と述べて、ベイリーの再登場も示唆している。ベイリー役のバチェラーはSNSで人気のクリエイターだが、「彼が演じたことにも意味があった」というのである。

映画版『ウォーキング・デッド』は2018年11月に第一報が伝えられ、コロナ禍の影響を受けながらも水面下で脚本作業が進められてきた。米Insiderにて、ギンプル氏は「アンドリュー・リンカーンやロバート・カークマン(原作者)、デヴィッド・アルパート(製作総指揮)、AMCやユニバーサルと一緒に力を尽くしています。テレビよりも時間がかかります」と述べつつ、「素晴らしい作品にします」と豪語した。「長らくのしかかっているプレッシャーが、最高の作品にしなければと思わせてくれるんです」。

あわせて読みたい

Sources: ComicBook.com, Insider

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly