Menu
(0)

Search

「ウォーキング・デッド」メルル役マイケル・ルーカー、復帰に「興味ナシ」その理由は

東京コミコン2017 マイケル・ルーカー
©THE RIVER

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのヨンドゥ役で知られるマイケル・ルーカーは、数々の映画・ドラマに出演する名バイプレーヤーだ。ウォーキング・デッド(2010-)で演じたメルル・ディクソン役も、そのキャリアを代表する役柄のひとつといえる。しかしルーカー自身は、メルル役の再演にあまり乗り気ではないようで……。

ComicBook.comにて、ルーカーは「一度かぎりの再演には興味がないんです」と語っている。「ウォーキング・デッド」はメインシリーズが2022年に完結、その後は新旧キャラが登場するアンソロジーシリーズ「テイルズ・オブ・ザ・ウォーキング・デッド(原題)」も予定されているが、そこでの再演も難しいということか。

「(『ウォーキング・デッド』チームの)幸運を願っているし、僕はあの物語が大好き。だから最初は演じたいと思ったんですよね。ただ、メルルの結末は、ヨンドゥと並べられるほど素晴らしいものだったと思います。両方とも最高だったから、あれ以上のことができるのか、(キャラクターを)よりよくできるのかが分からない。だから俳優として、僕は役柄を進化させられるのでもないかぎり、再演には興味がないんです。キャリアを前進させたいし、仕事を先へ進めたいし、新しいことをやりたいんですよ。」

“一度かぎりの再演に興味がない”との言葉は、たった一度かぎりでキャラクターをより深めることができるのか、という疑いに基づくものだろう。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のヨンドゥについては「当然あり得る」と語ったルーカーだが、同じくらい素晴らしい結末だったというメルルの再演に消極的である以上、どちらも再演は難しいのかもしれない。もっとも、役柄を進化させられるかどうかは作り手の手腕にかかっている。一応、ルーカーは「もしかして、うまくいけば(再演も)あるでしょうね」と述べており、復帰の可能性を全否定してはいないのだ。

ちなみに「ウォーキング・デッド」では、アンドリュー・リンカーン演じるリック・グライムズが主人公となる映画版が企画されているほか、ダナイ・グリラ演じるミショーンもいずれ再登場する見込み。ルーカーの心をつかむ脚本さえ完成すれば、どこかでメルルに再会する機会もありそうだが……。

あわせて読みたい

Source: ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly