Menu
(0)

Search

カードゲーム「UNO」映画化、アンダーグラウンド・ヒップホップ界が舞台 ─ リル・ヨッティが製作、主演も視野に

UNO
Photo by elPadawan https://www.flickr.com/photos/elpadawan/8479303067

2021年、マテルによるカードゲームUNO」が発売から50周年を迎える。記念すべき年になんと、UNOを題材にした映画企画が進行中であることが明らかになった。米The Hollywood Reporterなどが報じている。

UNOの映画化と聞くと、カードゲームの世界大会を舞台にした物語だったり、カードゲームの起源に迫る物語だったりを想像する人が多いだろう。報道によると本作はアクション・ヘイスト(強盗)・コメディで、アトランタのアンダーグラウンド・ヒップホップの世界を舞台にした内容とのこと。UNOとヒップホップ、一体どんな化学反応を起こすのか。

製作には、ラッパーのリル・ヨッティが名を連ねており、主演を務める可能性もあるとのことだ。リル・ヨッティは映画化発表に際して、「『UNO』は子供の頃から遊んでいましたが、今でもやっています。アトランタのヒップホップシーンという私の起源でもあるところを基にして、このゲームを映画化することは、私にとって本当に特別なことです」と熱い想いを語っている。

マテルはUNOのほか、バービー人形の映画化も発表している。こちらはマーゴット・ロビー主演・製作、グレタ・ガーウィグ&ノア・バームバックによる作品だ。マテルは自作品の映像化に力を注いでいるのだろう。

ちなみにマテルの商品ではないが、2021年1月には、ルービックキューブの映画化企画が進行中であることも判明している。詳細は知らされていないが、UNOと同様に一筋縄ではいかない作品になりそうな予感が……。

あわせて読みたい

Source: The Hollywood Reporter

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly