Menu
(0)

Search

『ヴェノム』中国でヒーロー映画史上2位ペースの大ヒットスタート ─ 世界興収は『ジャスティス・リーグ』超えた

ヴェノム
(c) 2018 Columbia Pictures Industries, Inc. and Tencent Pictures (USA) LLC. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: (c) & TM 2019 MARVEL.

ソニー・ピクチャーズ映画『ヴェノム』が、2018年11月8日(金)より中国で公開。週末興行収入は1億1,100万ドルを記録し、同国のスーパーヒーロー映画記録としては『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』に続く歴代2位ペースのスタートとなった。米Varietyが報じた。

中国では、7日のプレビュー上映と8日の公開初日だけで3,420万ドルを稼ぎ出し、『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)の同記録2,160万ドルをも凌駕していた。

これにより、『ヴェノム』の全世界興行収入は6億7,353万ドルを突破。スーパーヒーロー映画としては、DCコミックスの人気ヒーローらが集結したジャスティス・リーグ』(2017)の6億5,792万ドルを打ち破ったこととなった。

製作費1億ドルと、同ジャンル作品としては低予算だったヴェノムのこれほどのヒットは、批評家らも予想できなかっただろう。同作は公開前、「ほとんどダメダメ」「脚本も酷いし、CGIもダメだし、展開もショボい」など批評家からの酷評を浴びており、Rotten Tomatoesの批評家スコアは29%(本記事時点)と散々。ところが蓋を開けてみれば、米国でも大ヒット、10月公開作としての歴代オープニング記録を更新した。

日本でも11月2日に封切られ、動員数・興収ランキング共に1位スタートを切った。2週目となった11月10〜11日も前週末比65.7%の好ホールド、興行収入は10億円を突破した。ランキングでは初登場の『ボヘミアン・ラプソディ』に首位を譲ったものの、2位での健闘を見せている。

Forbsは『ヴェノム』の最終的な全世界興行収入について、少し背伸びして7億〜7億5,000万ドルと予想していたが、中国での好成績を受け、射程圏内に入ってきている。

Source:Variety(1,2

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly