Menu
(0)

Search

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』海外最速レビュー ─ 「超暴力的ラブコメ」「不条理バディロマンス」

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

スパイダーマンの宿敵であり、マーベル史上最も残虐な悪として誕生したダークヒーローを描く『ヴェノム』の続編ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジが、米ロサンゼルスやニューヨークにてファンを招いた試写イベントを現地時間2021年9月27日に開催。これに合わせ、本作をいち早く鑑賞したメディア関係者によるアーリーレビューが届けられている。

ヴェノムを超える残虐な悪、カーネイジとの戦いを描く本作。エディとヴェノムの奇妙な関係もどうやら掘り下げられているようだ。感想コメントをいくつかご紹介しよう。

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』海外レビュー

ダン・ケイシー(Nerdist)

「『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』は 最高級に野蛮な映画。超暴力的ラブコメとして、楽しく奇妙に振り切っている。トム・ハーディが200%。とにかくポストクレジットを見逃すな。」

モリー・フリーマン(ScreenRant)

「『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』 には、すごく楽しくてチャーミングな瞬間がある。特に、今作でも健在のエディ&ヴェノムの超楽しい躍動感。でも、カーネイジの描写にはちょっと迷いがあったかな。アイデアが多すぎて、散らかったまま最後まで突き進んでいった。」

ジャーメイン・ルシアー(Gizmode, io9)

「『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の話ならシンプルだ。1作目が好きだった?なら今回も気に入るだろう。1作目が好きじゃなかった?なら今作もそんな感じだろう。今作は、楽しんだまますぐに忘れてしまった1作目を、より大きく、より早くした感じ。楽しいけど、薄い。」

マイク・ライアン(Uproxx)

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。代表。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューを行なっています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly