Menu
(0)

Search

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』に『マトリックス』撮影のヘリコプターが写っていた ─ ロケ地モロかぶりという裏事情で

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』と『マトリックス レザレクションズ』が、妙な形でクロスオーバーしていた?

物語のネタバレではありませんが、『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の内容に触れています。

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ
©2021 CTMG. © & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』では、サンフランシスコの街を舞台に、ヴェノムが警察のヘリコプターから逃れつつ、コイトタワーと呼ばれる塔にたどり着くシーンがある。実はこのヘリコプター、同時期に同じ場所で撮影していた『マトリックス レザレクション』のものだったのだそうだ。

『ヴェノム』ロケーション・マネージャーのクリストファー・クシアクが米ScreenRantに語ったところによれば、ロケ地に予定していた場所の大部分で『マトリックス』が先に撮影を始めてしまっていたため、『ヴェノム』は『マトリックス』の周りで作業することを余儀なくされていたという。

クシアクは、「『マトリックス』がダウンタウンを押さえていたので、ドライブのショットがずいぶん取り除かれました」と語っているが、これはクレタス・キャサディに関連するシーンのことと思われる。「結局、駐車場の上にスタントを移動させました。使いたかったエリアが、『マトリックス』に取られていたからです。でも、もしも我々が先にそこを押さえていたら、おそらく別の方向に進んでいたことでしょう」。

撮影地の都合で展開の変更を強いられるとは気の毒にも思えるが、逆に彼らは『マトリックス』のものを拝借するという機転を利かせた。「あのヘリコプターは、実は『マトリックス』撮影用のものです」と、クシアクは認めている。「『マトリックス』が同時に撮影していたので、彼らの様子を一部カメラで捉えていたのです」。

マトリックス レザレクションズ
©2021 WARNER BROS. ALL RIGHTS RESERVED

『マトリックス レザレクションズ』の撮影は2020年2月に開始。一方の『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のサンフランシスコ撮影も2020年2月以降に行われたものと見られており、確かにモロ被りしている。ヴェノムとネオが、撮影場所の取り合いをしていたという裏話は興味深い。

それにしても『ヴェノム』劇中、該当シーンでのヘリコプターはあまりにも大胆にスクリーンに登場している。あれが『マトリックス』撮影中の様子を撮ったものだとはにわかに信じがたいほどだ。なお、『マトリックス』の予告編には、確かにヘリコプターが登場している。

ちなみに『ヴェノム』の撮影では、監督のアンディ・サーキスが休日に家族と出掛けたスキー旅行で腰を骨折、製作期間の後半は車いすに乗ってやり抜いたという苦労エピソードもある。

Source:ScreenRant

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly