Menu
(0)

Search

『ヴェノム』ロシアでソニー史上最大のヒット作に ― ハリウッド映画の歴代トップ10入り目指す

ヴェノム
©&TM 2018 MARVEL

スパイダーマンの宿敵にしてマーベル屈指のダークヒーローを描く映画『ヴェノム』が、ロシアにて異例の大ヒットとなっている。なんと、ソニー・ピクチャーズがロシアで公開した映画として早くも歴代第1位の成績を収めたというのだ。米The Hollywood Reporterが報じている。

ロシア国内で2018年10月4日(現地時間)に公開された『ヴェノム』は、1,378スクリーンで上映されており、10月15日(米国時間)時点で興行収入15億9,000万ルーブル(2,400万ドル)を達成。2018年公開の映画としては、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)の21億6,000万ルーブル(3,270万ドル)に次いで年間第2位の成績となる(同日時点)。

ヴェノム
©&TM 2018 MARVEL

既報の通り、『ヴェノム』は劇場公開直後からロシアで優れた成績を示しており、公開後3日間のオープニング興行収入では9億5,300万ルーブル(1,440万ドル)を記録した。ヒーロー映画が絶大な人気を誇っている韓国に次いで、海外のオープニング記録で第2位の成績を示したのだ。
この初動成績はロシアにおけるオープニング記録としても史上第4位に数えられるもので、これを上回るのは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の10億300万ルーブル(1,560万ドル)、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(2017)の9億6,800万ルーブル(1,470万ドル)などのみとなっている。

The Hollywood Reporterによれば、ロシアにおける『ヴェノム』の興行収入は、10月15日(米国時間)時点でハリウッド映画の歴代第18位にあるという。第10位の『デッドプール』(2016)までの差はわずか1億8,000万ルーブル(270万ドル)とあって、今後数週間の上映を残していることを鑑みれば、歴代トップ10入りは十分にありうるだろう。

米国・海外ともに大ヒットを記録している『ヴェノム』は、すでに累計興行収入3億7,810万ドルを突破。このあとは日本で11月2日に公開されたのち、ハリウッドが世界最大級の映画市場として熱い視線を送る中国でも11月9日に公開されることが決まっている。この映画、まだまだ世界に“侵食”を続ける予感…!

映画『ヴェノム』は2018年11月2日(金)より全国ロードショー

『ヴェノム』公式サイト:http://www.venom-movie.jp/

Sources: THR(1, 2

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly