『ヴェノム』予想以上の大ヒット!全世界で2億ドル超えのロケットスタートに

2018年10月5日(金曜日)、米ソニー・ピクチャーズ製作の映画『ヴェノム』が米国にて公開された。マーベル屈指の人気を誇るダークヒーローを単独映画化した本作には、企画発表時点から大きな注目が寄せられてきた。ワールド・プレミア後には予想外の賛否両論や、SNS上にフェイクの感想があふれたことも話題を呼んだが、どうやら世界中の観客はヴェノムの到来を待ちわびていたようだ。

このたび、『ヴェノム』が10月5~7日の3日間で米国興行収入8,000万ドル、海外興行収入1億2,500万ドル以上を記録したことがわかった。驚くべきことに、全世界累計のオープニング成績は“予想外”の2億ドル突破である(数字はすべて推定)。米Varietyなど複数のメディアが報じている。

米国公開直前の時点で、『ヴェノム』の国内オープニング興収は6,000~6,500万ドルと予想されており、7,000万ドル超えは難しいとみられていた。しかし結果は8,000万ドル突破という事前の予想を大きく上回るもので、以前から予測されていた「10月公開作品のオープニング記録更新」も無事に達成。記録を保持していた『ゼロ・グラビティ』(2013)の5,570万ドルに大きく差をつけての歴代1位となっている。

また、本作はすでに海外20,800スクリーンでも公開されており、前述の通り1億2,500万ドルを突破。ヒーロー映画に大きな注目が集まる韓国では米国に先がけて10月3日に劇場公開され、5日間で1,640万ドルを稼ぎ出した。これは『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)、『ジャスティス・リーグ』(2017)、『ワンダーウーマン』(2017)などをしのぐ成績だという。なお韓国に続いて優れた初動を示したのは、ロシアの1,360万ドル、イギリスの1,050万ドル、メキシコの1,020万ドルだ。

 

現在、ソニーは『ヴェノム』に続いてジャレッド・レト主演『モービウス(邦題未定、原題:Morbius)』などの「スパイダーマン」関連映画を複数準備中。もちろん『ヴェノム』の今後の推移にも注目したいところだが、ひとまずソニーの構想を強力に後押しするロケットスタートとなったことは間違いないだろう。

ちなみに、俳優ブラッドリー・クーパーの初監督作品であり、レディー・ガガの出演でも話題の『アリー/ スター誕生』(2018年12月21日公開)も事前の予想を上回る好スタートを記録した。米国では4,260万ドル(推定)、海外31市場では1,400万ドルと、こちらも今後の躍進がさらに見込める数字といえそうだ。

映画『ヴェノム』は2018年11月2日(金)より全国ロードショー。『アリー/ スター誕生』は2018年12月21日(金)に全国公開される。

『ヴェノム』公式サイト:http://www.venom-movie.jp/

Sources: Variety(1, 2), Deadline, Box Office Mojo

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。