『スパイダーマン:ホームカミング』ヴァルチャー役はマイケル・キートンで確定か?マーベル社長が認める

トム・ホランド主演、『親愛なる隣人』3度めの映画シリーズ化『スパイダーマン:ホームカミング』ヴィラン(悪役)ヴァルチャー役の候補として、長らくマイケル・キートンの名が挙げられていた。

7月時点でコンセプトアートが公開されていた鳥人のヴィラン、ヴァルチャー。8月頃には、マイケル・キートン側が先行してこの奇妙な悪役のオファーを行け入れた事情についてインタビューにて答えていた

マイケル・キートンが『スパイダーマン ホームカミング』への出演を決めた理由は?マーベルへの信頼も表明

ファンやメディアの間でも、キートンがヴァルチャーを演じる可能性はかなり高いと見られていたが、この度マーベル・スタジオ会長、ご存知ケヴィン・ファイギ氏のインタビュー発言によって、この噂がほぼ確定となったと言えるだろう。

ケヴィン・ファイギはTrontoSunのインタビューにて、このキャスティングについて事実上公認する発言を漏らしている。同インタビューでファイギ氏は、ドクター・ストレンジにおけるヴィラン、カエシリウス(マッツ・ミケルセン)がマーベル史上最も記憶に残るヴィランだったのでは、との意見をフックに、今後ファンが楽しみにしたいヴィランについて尋ねられ、こう回答している。

「我々には(キャスティングの)ウィッシュリストがあって、目先のタームではどんどん実現しているんです。『ソー:ラグナロク』ではケイト・ブランシェットがヘラ(Hela)を演じてくれて、マイケル・キートンがスパイダーマンのヴァルチャーを演じてくれるなんてね。それからもちろん、ジョシュ・ブローリンのサノスもついにお披露目だ。すごく楽しみですよ。」

すでに多くのファンがご存知の通り、マイケル・キートンとアメコミ映画は奇妙な縁で繋がっている。1989年の『バットマン』でバットマンことブルース・ウェインを熱演し高評価を得るも、その後の役者としてのキートンのキャリアはゴッサム・シティの闇に呑まれたかのように光の当たらない時代が続く。
そんなキャリアをセルフ・パロディしたかのような映画『バードマン あるいは(無知がもたららす予期せぬ奇跡)』で再評価。かつてのスーパーヒーローは再び『スポットライト』を浴びた。

『バードマン』でニューヨークの喧騒の空を、現実とも夢想とも判断のつかぬ翼で羽ばたいていたマイケル・キートンは、その翼をマーベル・シネマティック・ユニバースが産んだ翼に付け替え、若きヒーロー、スパイダーマンに戦いを挑む。アイアンマンやファルコンのテクノロジーを搭載したヴァルチャーの翼は、MCUの新人スパイディをいかに苦しめるのか。ヴァルチャーの衣装コンセプトとされる画像もリークしているので、併せて確認しておこう。

Another Look at the Vulture in Spider-Man: Homecoming?

映画『スパイダーマン:ホームカミング』は、2017年7月7日全米公開予定。なお今回は、マーベル・シネマティック・ユニバース上の作品ではあるが、ディズニー配給ではない。

Source:http://comicbook.com/2016/11/08/marvels-kevin-feige-confirms-michael-keaton-as-vulture-in-spider/
http://comicbook.com/marvel/2016/11/08/spider-man-homecoming-new-look-at-the-vulture/
http://www.torontosun.com/2016/11/02/marvels-kevin-feige-on-doctor-strange-replacing-downey-and-the-blueprint-for-the-mcu

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。