Menu
(0)

Search

「ワンダヴィジョン」ワンダ・マキシモフの深い闇、「今後の映画に続く」 ─ 作曲家が証言

ワンダヴィジョン
『ワンダヴィジョン』 ディズニープラスで配信中 (c) 2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のドラマシリーズワンダヴィジョンの展開は、エピソードごとに加速し、観る者の予想を裏切り続けている。しかし主人公であるワンダ・マキシモフの物語は、どうやら本作のあとも続いていくようで……。

『アントマン』シリーズに続いてMCU作品の音楽を手がけた作曲家のクリストフ・ベックは、米Varietyにて、音楽に秘められた仕掛けの裏側を明かしている。ワンダとヴィジョンの穏やかな日々はシットコム風の音楽で綴られるが、隠された一面がひとたび顔を出せば、音楽はいかにもMCU作品らしい大スケールのオーケストラに変わるのだ。

「彼女はテレビ番組のヒーローではありません」とはベックの談だ。このアプローチが、そのまま「ワンダヴィジョン」の音楽には表れているのである。「ワンダには深い闇があり、彼女の苦しみがシリーズの大きなテーマ。それは今後の映画にも続いていくことになります。ワンダが魔女であることを、彼女のテーマには反映させたかった」

エリザベス・オルセン演じるワンダ・マキシモフは、本作ののち『ドクター・ストレンジ』(2016)の続編映画『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題)』に登場する。「ワンダヴィジョン」と『ドクター・ストレンジ』続編は直結しているうえ、その後ははさらに『スパイダーマン』第3作(タイトル未定)にも繋がるのだ。オルセンは『スパイダーマン』への出演を否定しておらず、ワンダの存在がどこまでカギになるのかは分からない。「ワンダヴィジョン」脚本家のジャック・シェイファーは、本作は独立した物語として「答えるべきことにはすべて答える」と述べていたが……。

ちなみにベックがドラマの音楽を担当したのは、「バフィー 〜恋する十字架〜」(1997-2003)以来のこと。「長期的にテーマの構造を考える機会はそう多くない」と述べるベックは、「今回は最初からすごく良いアイデアがありました。自分としては、過去もっともテーマに沿った仕事です」と語っている。「他のマーベル映画を参照した、音楽的なイースターエッグ(小ネタ)も入っている」というから、ファンはぜひとも耳で探してみては。ちなみに「すごく分かりづらいものもあれば、分かりやすいものもある」そうである。

あわせて読みたい

Source: Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly