Menu
(0)

Search

「ワンダヴィジョン」ワンダ・マキシモフの深い闇、「今後の映画に続く」 ─ 作曲家が証言

ワンダヴィジョン
『ワンダヴィジョン』 ディズニープラスで配信中 (c) 2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のドラマシリーズワンダヴィジョンの展開は、エピソードごとに加速し、観る者の予想を裏切り続けている。しかし主人公であるワンダ・マキシモフの物語は、どうやら本作のあとも続いていくようで……。

『アントマン』シリーズに続いてMCU作品の音楽を手がけた作曲家のクリストフ・ベックは、米Varietyにて、音楽に秘められた仕掛けの裏側を明かしている。ワンダとヴィジョンの穏やかな日々はシットコム風の音楽で綴られるが、隠された一面がひとたび顔を出せば、音楽はいかにもMCU作品らしい大スケールのオーケストラに変わるのだ。

「彼女はテレビ番組のヒーローではありません」とはベックの談だ。このアプローチが、そのまま「ワンダヴィジョン」の音楽には表れているのである。「ワンダには深い闇があり、彼女の苦しみがシリーズの大きなテーマ。それは今後の映画にも続いていくことになります。ワンダが魔女であることを、彼女のテーマには反映させたかった」

エリザベス・オルセン演じるワンダ・マキシモフは、本作ののち『ドクター・ストレンジ』(2016)の続編映画『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題)』に登場する。「ワンダヴィジョン」と『ドクター・ストレンジ』続編は直結しているうえ、その後ははさらに『スパイダーマン』第3作(タイトル未定)にも繋がるのだ。オルセンは『スパイダーマン』への出演を否定しておらず、ワンダの存在がどこまでカギになるのかは分からない。「ワンダヴィジョン」脚本家のジャック・シェイファーは、本作は独立した物語として「答えるべきことにはすべて答える」と述べていたが……。

ちなみにベックがドラマの音楽を担当したのは、「バフィー 〜恋する十字架〜」(1997-2003)以来のこと。「長期的にテーマの構造を考える機会はそう多くない」と述べるベックは、「今回は最初からすごく良いアイデアがありました。自分としては、過去もっともテーマに沿った仕事です」と語っている。「他のマーベル映画を参照した、音楽的なイースターエッグ(小ネタ)も入っている」というから、ファンはぜひとも耳で探してみては。ちなみに「すごく分かりづらいものもあれば、分かりやすいものもある」そうである。

あわせて読みたい

Source: Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly