Menu
(0)

Search

「ワンダヴィジョン」のアノ人、はやくも再演を希望「やっと味が分かってきたのに」

ワンダヴィジョン
『ワンダヴィジョン』 ディズニープラスで配信中 (c) 2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)フェーズ4の第1弾として好調な滑り出しを見せた「ワンダヴィジョン」が遂に完結。幾人かのキャラクターは、主人公のワンダとヴィジョンに劣らない強い印象を持たせた。今後のMCUでの再登場を期待させるような展開も見られる中、とりわけ異彩を放ったあのキャラクターを演じた役者がはやくも再演に意欲をみせている。

この記事には、「ワンダヴィジョン」最終話までのネタバレが含まれています。本編をご鑑賞頂いてからお読み下さい。

ワンダヴィジョン
『ワンダヴィジョン』 ディズニープラスで配信中 (c) 2021 Marvel

“異彩を放ったあのキャラクター”とは、ワンダとヴィジョンが新たに移り住んだ郊外ウエストビューの住民として第1話から登場したアグネスのことだ。物語が進むにつれてワンダと仲を深めていき、シットコム番組のなかでは茶の間の人気を獲得していった。ところが、このアグネスを巡っては第7話で急展開が訪れる。

ワンダを自宅へと連れてきたアグネスは「すぐ戻るね」と言ったきり、姿を見せず。不信感を抱いたワンダは地下室へ降りると、そこにアグネスが現れる。ここで、陽気で親切なアグネスの正体がアガサ・ハークネスという名の魔女であると判明するのだ。この意表を突くような展開に、多くのファンが驚愕したことだろう。

最終話でワンダとアガサは、ウエストビュー全体を巻き込んだ大掛かりな闘いを繰り広げた。激闘の末、アガサの魔力を奪い取り、スカーレット・ウィッチとして覚醒したワンダが勝利。アガサはアグネスへと再び変えられてしまい、こうして闘いに決着がつくこととなった。

そんなアガサ、再登場の可能性こそ未知数ではあるが、少なくとも演じたキャスリン・ハーンは再演に前向きな様子。米The New York Timesのインタビューに応じたハーンは、今後のMCUにおけるアガサ再登場について訊かれると「分かりませんね。(今後の展開は)固く守られていますから」と答えた。その一方で、「また再演の機会が訪れると良いですね」と言われると、「そう思いますよ、やりたいです」とも語っている。「やっと味が分かってきたのに“あぁーっ”って感じで。すっごく(役が)大好きなんです」。

アグネスへと変えられてしまったアガサだが、死んだというわけではなく、その復活の可能性はゼロではない。ワンダは今後、『ドクター・ストレンジ』(2016)の続編で再登場を見せることもあり、どうにかして復活したアガサがワンダへの復讐を企てる、なんていう展開も考えられなくはないだろう。最終話での闘いの決着前、「私が必要になる」と説得を試みるアガサに「必要になったら会いにくる」と答えたワンダの返答も何か引っかかる。

またMCUでは、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)で初登場したクロスボーンズ、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016) のバロン・ジモ大佐、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)のレッドスカルなど、複数のヴィランが別のMCU作品で再登場を果たした、もしくは果たすことになる事実もある。陽気な隣人から最強の魔女に変貌を遂げたこともあり、強烈なインパクトを残したアガサだ。これで終わりなようには思えないが…。

あわせて読みたい

Source: The New York Times

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly